So-net無料ブログ作成

パイロットもレベルの低い航空会社 [アクシデント]

先月末にインドネシア国内線のデンパサール発ジャカルタ行きの飛行機が
離陸から13分後にジャワ海に墜落し、乗員乗客189人全員が死亡する
事故がありましたが、その後の国家運輸安全委員会の調査により墜落機は
自動安全システムの誤作動(離陸前のデータ入力ミスによって、自動的に
失速の危険を検知して機首を下げる動作をした)により飛行の継続が困難
であったにも関わらず、自動安全システムが作動する度に手動で抵抗する
という操作を繰り返した結果、墜落したことがわかりました。

cockpit-lion_air.jpg

単純に言うと自動操縦装置が上昇角度が急角度なために、失速の危険性が
高いと判断して機首を下げようとしたにも関わらず、操縦士は目視で問題
はないと思ったために無理やり機首上げの操作をしたために、機体に異常
が発生して墜落したということで、データ入力ミスと操縦ミス(自動操縦
の自動安全システムのスイッチを切れば墜落は防げた)が重なったために
墜落した人為的ミスだったということです。

続きを読む


nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved