SSブログ
シネマクラブ ブログトップ
前の4件 | -

ジャッキー・チェンが70歳に [シネマクラブ]

香港映画界から輩出された大スター(国籍は中国)ジャッキー・チェンが4月7日
で70歳になりました。
ブルース・リー主演の「燃えよドラゴン」には端役(ハンの要塞の警備要員)で
出演していましたが、それは後で知ったことなので、日本で公開された主演作品
「ドランクモンキー・酔拳」が、最初にジャッキー・チェンを知った作品です。



1978年公開ですから、高校生の時に初めて見たジャッキー・チェンは精悍さは
あまり感じなくて、コメディアクションの人だと思っていましたが、その5年後
に公開された「プロジェクトA」で、笑わせるだけでなく綿密に構成された演技
とアクションシーンを見せて、ブルース・リーの求道者的なアクション俳優とは
違った、アクションスターであることを見せてくれました。

続きを読む


nice!(43)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

ゴジラxコング 新たなる帝国 4月26日公開 [シネマクラブ]

前作の「ゴジラ対コング」を観て、もっとも違和感を感じたのはネタバレには
なってしまいますが、コンピュータで制御されているはずのメカゴジラの動き
を止めるために、パスワードロックのかかったコンピュータにアクセスできず
絶望的だという状況になった時に、酒を注ぎこんでコンピュータを破壊すると
いうシーンを見て、そんなに簡単に壊れるのなら初めから壊す方向へと、展開
させれば良かったんじゃないの?という部分でした。



そもそもメカゴジラの制御を何故、ゴジラの研究者であった芹沢教授の息子で
ある芹沢蓮(小栗旬の過去最低の役だと思います)が行う必要があるのか?と
いう部分から始まって、映画の設定が意味不明のところが多かったです。

続きを読む


nice!(82)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

日本の映画界に対して思うこと [シネマクラブ]

日本で製作される実写映画には全く魅力を感じなくなっているのでメディアが
必死に大騒ぎした「ゴジラ-1.0」も結局観ていません。
アカデミー賞の特殊効果賞を受賞したと言っても、それは作者の努力であって
日本の映画会社に対する評価ではないことを深刻に受け止めるべきです。



ジャニーズの性加害事件、松本人志の性加害事件、日本の芸能事務所の性上納
システムなんてのを聞いて、その関係者が絡んでいる映画に魅力など、感じる
わけもなく、日本で活動する俳優は英語、中国語、韓国語を身に着けて早急に
日本の芸能界を見捨てるべきだと思っています。

続きを読む


nice!(51)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

天命の城 【2018年 韓国映画】U-NEXT 見放題 [シネマクラブ]

久し振りの映画の話、芸能ブログを標榜しながら芸能人の不倫とか、実際には
全く興味がなくて広末涼子が無期謹慎とか、せっかく稼いでくれる女優さんが
ろうそく職人と離婚沙汰になろうが、プライベートは関係ないだろと思うので
芸能事務所とか、メディアとか、良識ある視聴者とか、なにもかもが時代遅れ
の的外れな人達の集まりだなとしか思えないのでありました。



ということで不倫なんて日本の法律上、犯罪として立件もされないことに必死
な偽善者メディアの話はともかくとして、今回の映画は「天命の城」です。

続きを読む


nice!(61)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の4件 | - シネマクラブ ブログトップ





Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved