SSブログ

フィリピン・マニラの話 -6 [トラベル]

家ではU-NEXTとDisney+、NETFLIXがお友達なので、テレビは見ていません。
そもそもテレビ(昔風に言うと受像機)がないので、テレビは見られないように
なっているというか、テレビ番組のあまりのくだらなさにテレビを捨てたぐらい
なので、テレビ番組に興味がありません。

Manila_photo50.jpg

が、旅行に行くとホテルでテレビを見ます。国内でも海外でも同じです。
ローカルのCMとか、テレビ番組は下品かつ下劣な芸人というのが出ていないと
いうことと、手作り感というか、ほのぼのした感じが好きです。
元々がテレビっ子だったので子供の頃から30代ぐらいまではテレビドラマとかも
見ていましたから、昔ながらの番組は結構好きなんです。


ということで、マニラでもテレビを点けるわけですが昔のようにNHKワールドで
日本のニュースを見なくてもネットニュースで十分に情報収集は出来ますからね
主に見るのは言葉はわかりませんが現地の番組です。

Manila_photo44.jpg

昼間は外に出ているためテレビを見るのは主に朝の時間帯ですので、マニラでも
モーニングショーという情報番組が放映されていました。

Manila_photo45.jpg

Manila_photo46.jpg

チャンネルを回すとタガログ語の番組になりましたが、英語ならなんとか単語を
理解することが出来る場合もありますが、タガログ語は全く分かりません。
キャスターと呼ばれる人種はフィリピンでも偉そうにしているなぁ~とか番組の
内容はよくわかりませんが、それなりに楽しく見ることは出来るものです。

Manila_photo47.jpg

さすがにカトリック信者が国民の90%を占める国だなと思うのは、キリスト教徒
のための番組があって聖書を読み合わせて、カウンセリングをしています。
見ていてもキリスト教の教義もわからなければ、言葉もわからないのでサッパリ
意味は分かりませんが、厳かな気持ちにはなります。

アニメ番組は結構古い日本のアニメが放映されていて、昭和の感覚のアニメだな
と思うことがよくありますが「とっとこハムスター」も放映されていました。
ハム太郎がタガログを話すのも、なかなか面白いものでした。

Manila_photo48.jpg

Manila_photo49.jpg

大雨で外に出られなくなって、一日テレビを見る羽目になるという最悪なことは
現在までに遭遇したことはありません。


nice!(86)  コメント(4) 

nice! 86

コメント 4

溺愛猫的女人

「とっとこハムスター」、とても懐かしいです。
by 溺愛猫的女人 (2024-05-10 10:35) 

青い森のヨッチン

フィリピンでは日本のボルテスVという懐かしいアニメが国民的番組になっているそうで主題歌を日本語で年配の方から小さな子供まで歌えるほどだそうです。
日本では実現しなかった実写版も現地放送局の制作で大人気だとか
自分の子供のころのアニメですがあまり見ていた記憶がありませんが日本での放送と間を置かず現地で放送されていたようです。
フィリピンにいったらその実写版を観てみたいです(今も放送中らしい)
by 青い森のヨッチン (2024-05-10 21:48) 

suzuran

溺愛猫的女人さん:
コメントありがとうございます。

「花の子ルンルン」も確か放映されていたように思います。
ハム太郎が、〇〇ディバとか、タガログ語を喋るわけですが、妙にマッチ
しているところが良い感じです。
by suzuran (2024-05-10 22:27) 

suzuran

青い森のヨッチンさん:
コメントありがとうございます。

主題歌を歌った堀江美都子さんがフィリピンでは国賓並みの待遇を受けた
という話がありますが、あくまでも個人的にはマニラでロボットアニメを
見た記憶は全くありません。時間帯にもよると思いますし、フィリピンの
ホテルは、★二つぐらいのホテルでもケーブルテレビなのでチャンネルが
多くて全部を見ていないということもあるからかも知れません。

日本のドラマは不人気なのか全く放送はされていません。
中国や韓国の時代劇は見たことがありますが、圧倒的に人気なのはホラー
ですね、それも現地製作のドラマは4時間とか6時間とか一気に放送する
スタイルなので途中で寝てしまいます。

子供が見る番組は学校に行く前の時間帯が多いようなので、フィリピン
に行かれるとしたら朝早く起きてテレビの前で待つと見られそうです。

by suzuran (2024-05-10 22:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved