So-net無料ブログ作成

2019年のF1モナコGP [モータースポーツ]

毎年、ほぼ同じ日に世界三大レースと呼ばれるレースの内のF1モナコGPと
インディ500(インディカーシリーズ)が開催されています。



どちらをメインで観るかというのは個人の趣味と興味で決められることなので
特にどうでも良いことではありますが、出来ればせっかくF1とインディカー
のレースの中でも最大規模のイベントなので別々に開催したらどうなの?とか
個人的には思ったりしますが、それぞれの主催者としても譲れないこだわりが
あるということなのでしょうね。


基本的に世界の自動車競技を統括しているのは、FIA(国際自動車連盟)で
その傘下にあるACCUSがアメリカ国内の自動車レースを主催しているわけ
ですから、FIA主催のF1モナコGPとACCUSが統括しUSACが主催
するインディ500は日程をずらすことも可能なのでは?なんて素人は考える
わけですが、それが出来ないから一昨年にはフェルナンド・アロンソがモナコ
GPを欠場してインディ500に出走するということになったわけです。

但し、そもそもF1に全力で取り組んでいるはずのレーシングドライバーが別
のカテゴリーのレースに参戦すること自体がおかしい、という意見があるのも
事実であり、その声は決して小さなものではないのでフェルナンド・アロンソ
の挑戦が好意的に受け止められている雰囲気はなかったように感じました。

という話を延々と書いていても趣旨が違うので、この話は結論を出すことなく
終わりにして今年のモナコGPの話に変えたいと思います。



2019年シーズンが始まってからずっと優勝を続けているメルセデスが結局
モナコGPでも優勝(ルイス・ハミルトン)はしましたが、結果として4位に
なったものの(ピットレーンでの接触で、5秒加算ペナルティ)レース自体は
2位で完走したマックス・フェルスタッペンによる、ルイス・ハミルトンへの
プレッシャーは相当あったように感じたので、高速コースではともかくタイト
なコースではレットブル・ホンダが勝つチャンスもあるような気がします。

モナコGPではマックス・フェルスタッペンのみならず、ピエール・ガスリー
も5位に入り、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトとアレクサンダー・
アルボンも7位と8位ということで、ホンダのPUを積む車が4台とも完走し
入賞をしたことで、ホンダエンジンが確実に戦闘力を向上させていると感じる
レースを観ることが出来ました。

フランスGPではルノーがシャシーとエンジンをアップグレードするという話
があるので、どこまで優位性を保てるかはわかりませんが、次戦に期待できる
という状況にあるのはポジティブな感触があって良いと思います。

フランスGPではペナルティを受けるようなことがなく、二人以上が表彰台に
上がれるようになることを期待したいです。


nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 34

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント



モッピー!お金がたまるポイントサイト


Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved