So-net無料ブログ作成

PL学園の野球部が存続の危機 [スポーツ]


現在でこそ悪い噂にまみれてしまった感のある清原和博をはじめ、将来の
中日ドラゴンズの監督候補と見られている立浪和義、清原と同期で元巨人
の桑田真澄、ヤクルトで活躍した宮本慎也、西武からメジャーに移籍して
現在は楽天で活躍する松井稼頭央、同じくメジャー帰りで阪神に在籍する
福留孝介、そして広島の前田健太などの有名プロ野球選手を輩出してきた
PL学園の硬式野球部が、来年は新入生を受け入れないことが決定となり
名門野球部の存続が心配される事態となっています。

高校野球の決勝トーナメントが開催される甲子園の常連的な存在でしたが
昨年春から監督が不在になり、校長が監督を務めたものの事実上、指導者
不在のままでは新入生を受け入れることが出来ないというのが、学校側が
発表した文書の趣旨となっています。

一般の高校とは違ってPL学園はPL(パーフェクトリバティー)教団の
運営する宗教(神道系)の学校のため、監督についてもPL教に対しての
信仰心を持っていることが重視されるため、次の指導者を見つけることは
なかなか簡単ではないようです。

元プロ野球選手もたくさんいるはずですが、その人達が監督にならないと
いうことは甲子園に出たいがためにPL学園に入学したものの卒業後には
信仰をしていないということになるのかな?

技術よりも信仰心の優先度が高いようですから、新しい指導者を迎えると
いうのは、かなり難しいことかも知れないですね。

PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか? (新潮文庫)PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか? (新潮文庫)
橋本 清

PL学園-最強軍団の真実 (NIKKAN SPORTS GRAPH 高校野球LEGEND・MAGA) 完本 桑田真澄 (文春文庫) 完本 清原和博 (文春文庫) KAMINOGE vol.33 球団と喧嘩してクビになった野球選手 (双葉文庫)

by G-Tools



nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 26

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved