SSブログ

雪が残る会津(福島県)へ -5 [トラベル]

会津武家屋敷のバス停から鶴ヶ城が見えるということなので、周囲を見回して
探しても、すぐには分かりませんでしたが電柱の間から見えました。

aizu24-14.jpg

少し待つと、あかべぇが走ってくるのが見えました。
あかべぇに乗ると、一度東山温泉駅まで行って戻るので、はいからさんに乗車
出来れば良かったのですが、先にバス停に来たのが、あかべぇだったので少し
余計に時間はかかりましたが、そのまま乗車して鶴ヶ城に向かいました。


aizu24-15.jpg

鶴ヶ城は想像していたよりも小さな城でした。
石垣の内側に、石垣に登るための階段が作られていましたが、外敵との戦いに
備えてというよりは石垣の厚みを薄くして、資材の節約をしたみたいな説明が
書かれていました。確かに石垣の厚みを半分にして、そこに階段を設置すれば
資材の節約と石垣に早く上がって敵を迎え撃つ準備が出来るので、なかなか理
に叶ったことを聞いているような気がしました。

aizu24-16.jpg

お城の裏側に回ると、あかべこが柵の中にいました。
会津牛という言葉は聞いたことがありませんが、あかべこはいろいろなところ
で見かけましたから、会津では親しまれているようですね。

aizu24-17.jpg

城内への入口側から見た鶴ヶ城です。
お城の中には会津若松の歴史を説明する資料が展示され、1階ではお土産品も
販売されていて、天守閣まで登ることも出来ます。(有料)

天守閣からの風景です。(周囲の山の名前はわかりません)

aizu24-18.jpg

aizu24-19.jpg

aizu24-20.jpg

aizu24-21.jpg

aizu24-22.jpg

aizu24-23.jpg

aizu24-24.jpg

aizu24-25.jpg

風景の写真を撮っていると、空の雲が丸く開けて青空が見えました。
台風の目のように、きれいに円形の青空が出てきて不思議な光景でした。
人生60年以上になりますが、あのような空を見たのは初めてです。

aizu24-26.jpg

aizu24-27.jpg

他にも多くの人が天守閣に居ましたが、特に誰も写真を撮るようなこともなく
話題にも出ていなかったので、鶴ヶ城からは普通の景色なのでしょうか。
多くの女性や少年たちが悲惨な最期を遂げている内戦の地で、あのような雲を
見ると空から郷土を案じて、見守っているのだろうか?なんて思いました。

あまりにも悲劇的な話ばかりが綴られているので、そんな心情になります。
鶴ヶ城を見た後は、今回の旅行の最大の目的だった白虎隊士のお墓参りです。


nice!(55)  コメント(2) 

nice! 55

コメント 2

溺愛猫的女人

これからの季節、桜と鶴ヶ城のコラボは夢のように美しいです。
赤べこ、めんこいっちゃね♡
by 溺愛猫的女人 (2024-04-03 09:40) 

suzuran

溺愛猫的女人さん:
コメントありがとうございます。

白虎隊記念館が臨時休業だったので、いつかまた行きたいと思います。
by suzuran (2024-04-03 22:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved