SSブログ

西伊豆に春を探しに -1 [トラベル]

うちの子供がまだ小さかった頃「春を探しに行く」と言ってひとりで出かけて
たんぽぽの花を持って帰ってきたことがあり、なにも教えていないのに随分と
詩的なことを言うなと思いましたが、今になって思うとそれっぽいことを普段
から子供の前で呟いていたのかも知れません。

toi_sakura0.jpg

というようなことで、日本でもっとも早咲きの桜は、静岡県の西伊豆・土肥の
土肥桜だという話を聞いて、柄にもなく春を探しに土肥温泉まで行きました。


三島でレンタカーを借りて、上り坂、下り坂とくねくねと曲がりくねった道を
約1時間半走って、土肥桜まつりが開催されている松原公園に着きました。

東伊豆の道路は海が見えて、気分が上がる道ですが、西伊豆の道路は海沿いで
あるものの山の上を走るので上がる道ではないですね。(個人の感想です)
車で行くなら東伊豆の方が好きなドライブコースだと思いました。

toi_sakura1.jpg

桜まつりの開催時期が1月20日から2月5日ですからね、一般的にはまだ梅さえ
咲いていないぐらいなんですが、もう散り始めている花があるぐらい、普通に
桜の花(濃いピンクなので紅梅みたいですが、花びらは桜です)が、きれいに
咲いている様子を見ることが出来ました。

toi_sakura2.jpg

toi_sakura3.jpg

松原公園の斜め前は、日本で二番目の金鉱だった土肥金山があります。
一番目は社会科の教科書でも習った佐渡金山で採掘量は80トン、それに対して
土肥金山は40トンですが、現在は全て閉山されて日本では金は採れません。
現代の鉱脈は携帯電話、スマートフォンで、大体の目安として電話機1トン分
で回収できる金の量は280gとされています。

一般的な金鉱石の金含有量は3gらしいので、とても効率よく金を回収すること
が出来るわけで、そりゃ多くの人が命懸けで地中を掘り進む金鉱山の採掘より
リスクも下がりますから、閉山になるのも当然と言えるでしょうね。

ただ、土肥金山の金鉱石の中には1トンの中に金600g、銀7200gが含有された
高品位の鉱石もあったみたいなので、最新の金属探知機で探索して露天掘りで
採掘したらコストを抑えて、危険な作業をしなくても金を採掘することが可能
な技術はあるかも知れません。

伊豆半島全体に金鉱山が点在していたようなので、これから50年後、100年後
には伊豆半島で21世紀、22世紀のゴールドラッシュがあるかもね。

toi_sakura4.jpg

toi_sakura5.jpg
写真の真ん中あたりで、小鳥が花の蜜を吸っています。

toi_sakura6.jpg

toi_sakura7.jpg

toi_sakura8.jpg

土肥では大江戸温泉物語の「土肥マリンホテル」に宿泊しました。
桜まつりの期間中は、土肥温泉の伊豆観光協会加盟宿泊施設に宿泊すると金山
の入場料が半額になる(予約メールなどを見せればOK)キャンペーンを開催
していたので、翌日には土肥金山の坑道見学をしてきました。

その話は次回に書くようにします。


nice!(48)  コメント(4) 

nice! 48

コメント 4

溺愛猫的女人

春爛漫°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°桜を眺めながらビールを吞みたいです。
by 溺愛猫的女人 (2024-02-10 14:27) 

ファルコ84

伊豆の春の訪れは、早いようですね!
サクラの花の陰から、小鳥のさえずりが聞こえてきそうです。
by ファルコ84 (2024-02-10 17:26) 

suzuran

溺愛猫的女人さん:
コメントありがとうございます。

土肥に行った日は偶然、とても暖かい日で20℃ぐらいありました。
なので本当に春爛漫という感じでしたね。
翌日は9℃で、その温度差で風邪をひきました。

アサヒビールか、サッポロビールか忘れましたが季節限定の「桜」を
テーマにしたビールが売られていますね。

by suzuran (2024-02-11 00:38) 

suzuran

ファルコ84さん:
コメントありがとうございます。

小鳥が桜の花の中に、くちばしを入れているのは初めて見ました。
「梅にウグイス」という言葉はありますが、桜になんとかという言葉は
思い浮かばなかったので、あまりないことなのかも知れませんね。

鳥の鳴き声で、種類まではわからないので特定はできませんでした。

by suzuran (2024-02-11 00:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved