SSブログ

ホームランが聞こえた夏 【2011年・韓国映画】U-NEXT 見放題 [シネマクラブ]

「感染家族」「さまよう刃」などで主演しているチョン・ジェヨン主演です。
知らない人の方が多いかと思いますが、それはどうでもいいことで、普段から
スポーツ全般には、ほとんど興味がないので野球とかサッカーをテーマにした
映画も観ないんですが、チョン・ジェヨン主演なので、この映画を観ました。



韓国プロ野球のスター選手、キム・サンナム(チョン・ジェヨン)が泥酔して
暴力事件を起こしてプロ野球から追放になり、高校野球の指導者として地方の
ソンシム高校という高校に赴任することになります。


その高校は聾唖生徒の学校ですが、野球部があり全国大会(韓国では高校野球
の全国大会=鳳凰杯が秋に開催され、聾唖の生徒でも出場が可能なようです)
の優勝を目指して練習し、新しいコーチを歓迎します。

が、生徒たちの試合を見たサンナムは、そのレベルの低さから生徒たちを軽く
見て、本気で指導しようとは考えませんでした。

投げやりになって、自分が高校時代の友人と酒を飲んだ帰り道で、突発性難聴
のために野球を諦めた生徒、チャ・ミョンジェが1人で黙々と投球練習をする
様子を偶然見かけたサンナムは、ミョンジェを野球部に勧誘します。

ミョンジェは、中学では全国大会に出場した実力の持ち主でしたが突発性難聴
を発症したために、野球を諦めたものの本心は野球をやりたいという気持ちを
察したサンナムの誘いに応じてミョンジェは練習に加わります。

サンナムは生徒たちに現在の実力を思い知らせるために、あえて前年の鳳凰杯
ベスト4のクンサン商業高校と試合を組みますが、その結果は32-0の大敗。

クンサン高校の生徒にバカにされ、本気で試合をしないクンサン高校の生徒に
対して、サンナムはクンサン高校の生徒を叱り、相手が弱くても本気で戦って
叩き潰すのが相手に対する礼儀だと指導します。

ボロボロに負けた生徒たちは奮起し、一勝を目指して立ち上がります。
というところで、ここから先は書きません。



この映画は全くの創作ではなく、実話をもとに脚色されたストーリーです。
事実は創作を超えるということでしょうか。



映画の中で、韓国プロ野球界の至宝と呼ばれたソン・ドンヨルの話が出ます。
中日ドラゴンズに所属した、ソン・ドンヨルの試合が見られたのは個人的には
貴重なことだったんだなと今になって思いました。


nice!(77)  コメント(0) 

nice! 77

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved