SSブログ

本能的に誤解してしまう男性の性 [恋愛]

男性向きのデート成功マニュアルみたいなものを読むと、女性の服装とか仕草
などをよく観察することによって、彼女から誘っているという意志が本人さえ
気付かないうちに表現されるので、デートの時には言葉をよく聞くということ
も重要ですが、彼女自身も気付かずに発しているサインを確実に読み取ること
が最重要であると何十年も前から進化することなく書かれています。

LOVE.jpg

女性のサインを読み取って、第一ステップであるキス、そして素肌を見せ合う
関係へと進めて行ける人がいわゆるモテる人で、いつまで経っても気付かない
鈍感な人はモテない人ということになるわけです。


好むカラー(服の色)によって、彼女の深層心理を推理して、彼女の望む二人
の関係とか、デートの内容(ただ話をするだけで良いのか、キスまでを考えて
いるのか、それ以上の関係を望んでいるのか?)を組み立てることが出来れば
女心を敏感に理解できる人として彼女の信頼と愛情を勝ち取ることが出来ると
いう話なんですが、本当に深層心理がデートの時の服の色に反映しているのか
なんてことは、当の女性にさえ分からないことなんですけどね。

例えば、白い服の女性には、男性は無垢で高潔な女性像をイメージすると同時
に大人として成熟した女性もイメージするとされていて、多くの男性の好みを
満足させる色だということで、確かに白い服装の女性には清純とか汚れのない
イメージが強いので結婚式でもウエディングドレスは白ですね。

white_dress.jpg

女性の服装で男性が好む色としては、赤系統(アドレナリンを分泌させ、性的
興奮を高める=男性は誘われていると誤解しやすい)やピンク系統(可愛くて
ハッピーな関係を築きたいというメッセージとして受け取られる)が世界的に
同じ傾向があるので、デートにこの系統の色調の服を着ていくと男性は彼女は
自分に気があると判断して有頂天になる単純な生き物なのです。

pink_dress.jpg

ですから、相手の男性と冷静に真剣に交際を深めて行きたいと考えているなら
ブルー系統の服装をして、少し冷めたイメージを見せると男性は二人の将来を
真面目に考えるようになるみたいです。

後、まだ裸で抱き合う関係まで進みたくはないと考えている男性の前では相手
の男性を上目遣いで見る(相手の男性は自分を頼っている、または求めている
と都合よく受け取ります。)とか、意識するか無意識かは関係なく、相手の体
に触れる(触れる=自分にも触れられたいというように誤解して、さらにその
感情を高ぶらせると、唐突に押し倒すようなことになるかも知れません。)と
いうような感じで、確実に相手に誤解を与えることになります。

beige_dress.jpg

後、恋愛マニュアルみたいなのでは、女性が髪を触れるのは男性を誘っている
とか、男性の前で唇を舐めるのは性器に対する刺激を欲しているという解説が
されていることもありますが、単に「たこ焼き」の青海苔が付いた唇を舐めて
いても、男性は自分を求めていると判断するということですからね、それでは
あまりにも単細胞過ぎるように思いますが、性欲が最も亢進する10代後半だと
そんなものだったかも知れません。(遠い昔の話です)

black_dress.jpg

解説本では唇は女性の外性器を示し、耳の穴は女性の内性器を示しているとの
解釈というか解説が多いようように思いますが、この見方は随分と男性寄りと
いうか男目線のこじつけでしかないように思いますが、そのようないい加減な
見方も何十年も経っても変わっていませんね、ホントに進歩がないです。

そんなわけで、その気のない男性の前では、ちょっとした仕草も性的な誘惑の
一つの形と考えられる場合もありますから注意が必要だというように、女性を
誘うマニュアル本には書いてあることが多いです。女性は見向きもしない本に
なりますから知らないかと思いますが、何十年も昔から男たちはそんな勘違い
な解説に振り回されて女性に振られまくっているわけなんで、見方によっては
随分と愚かな勘違いに振り回されているようです。残念な話ですね。


nice!(25)  コメント(0) 

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved