So-net無料ブログ作成

想い出のベイシティローラーズ [音楽]

テレビでベイシティローラーズが騒がれ始めたのが中学二年生の頃。
S・A・T・U・R・D・A・Y、Night!のリフレインで始まる、
「サタディナイト」とか、「バイバイベイビー」とか、ヒットチャートが
意味が無いぐらい、アルバムからのシングルカット曲が次々に発売されて
表現としては、お祭り騒ぎみたいな感じだったことを覚えています。

BCR-set1.jpg
オリジナルメンバー

オリジナルメンバーのアランが脱退して、イアン・ミッチェルが新加入を
した頃が、日本でのピークの時期で「DEDICATION」という題名
のアルバムが数多くの媒体で取り上げられていましたが、来日公演の時は
すでに脱退していて、パット・マッグリンという別の人がメンバーとして
来日し、コロコロとメンバーの変わるグループとして人気が下降していき
実質的には10年も経たないうちに消えてしまいました。




当時の噂話では、イアン・ミッチェルはコンサート会場で押し寄せる観客
にパニックを起こして泣き出したために精神的な弱さを指摘されて脱退と
いうことになったらしいですが真相はわかりません。



BCR-alan.jpg
アラン・ロングミュアー バンドのキーマンはこの人でした。

BCR-eric.jpg
エリック・フォークナー 一番ミュージシャン志向が強かったのでは?

BCR-ian.jpg
イアン・ミッチェル 短期間でしたが日本では人気がありました。

BCR-les.jpg
レスリー・マッコーエン 離婚していなければ奥さんは日本人です。

BCR-wood.jpg
スチュアート・ウッド あまり前に出たがらなかったような記憶が。

デレク・ロングミュアーは児童ポルノかなにかで捕まってしまったので
黒歴史扱いになっているので写真がありません。

パット・マッグリンは女癖が悪くて、ファンの女の子を夜毎取り替えては
夜の帝王ぶりを発揮していたので、解雇になったという説がありますが、
この話も確認は取れていませんので、これまた真相はわかりません。

BCR-set2.jpg



今になって曲を聴くと印象深い曲が何曲もあり、実力も無いのにメディア
によって作られたアイドルグループと批判されていたのは、単に売れない
バンドのファンが流した噂だったように思います。


nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved