SSブログ

大哺乳類展3【国立科学博物館】-4 [おとなの社会見学]

ナマケモノたちの裏側に展示されていたのが、アフリカゾウの骨格標本です。
マンモスの牙と比べれば少し小さく感じますが、大きな違いは現代に生きている
ということで、野生の姿を見たければアフリカまで行かなければ無理な話ですが
動物園にもアフリカゾウはいますからね、現世で最大の動物を生きた状態で観察
することが出来るというのは、やっぱり貴重なことだと思いました。

ueno_museum24-15.jpg

小さなカヤネズミから巨大なアフリカゾウ、首の長いキリン、そして霊長類の中
でも、もっと進化していると自惚れているヒトまで、全ての哺乳類は頸椎の数が
7個で共通しているのも、考えてみれば不思議な感じがします。

ヒトの血圧は健康体な人であれば120mmHgぐらいですが、首の長いキリンだと
高い位置にある脳まで血液を運ばなければならないため260mmHgぐらいが普通
だとされていますが、それだけ高い血圧で首を下げると脳の血管が破れて脳溢血
を起こしかねないと思われますし、逆に下げていた首をいきなり上げると脳貧血
になりそうですが、キリンは頭の中にワンダーネットと呼ばれる毛細血管の束を
持っていて、頭を下げた時は血液を受け止めて一気に脳に行かないように調節し
頭を上げた時は血液が一気に下がらないように調節する機能があります。

続きを読む


nice!(102)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー





Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved