SSブログ

F1-GP 2024 第9戦 カナダGP決勝 [モータースポーツ]

ジョージ・ラッセルのポールポジションからスタートしたレースでしたが、結局
勝ったのはマックス・フェルスタッペン、2着はランド・ノリスでした。




スタートで先頭に立ったジョージ・ラッセルは、20周目までは順位をキープして
後方からの追い上げに耐えていましたが、21周目でランド・ノリスが追い越しに
成功し、この時点で1位 ランド・ノリス、2位 ジョージ・ラッセルになり二人を
追ってマックス・フェルスタッペンがプレッシャーをかける展開に。

その後、三台一緒にタイヤ交換のためにピットへ、ピット作業が一番早く終了し
ジョージ・ラッセルが動き始めた前に、マックス・フェルスタッペンが入り込み
それに続いてランド・ノリスが追走の形でレースが再開され、ランド・ノリスが
再度、ジョージ・ラッセルを抜いて最終結果の順位になりました。


開始時点では降雨のため、ケビン・マグヌッセンとニコ・ヒュルケンベルグのみ
ウェットタイヤでスタートして、大きく順位を上げましたが、路面の乾きが早く
インターミディエイトの他車に抜かれることになってしまいました。

今回の選択は成功とは言えませんが、小松代表になってからのハースの戦い方は
明らかに変わっていて、勝とうという意識が強くなっている感じを受けます。

1.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2.ランド・ノリス(マクラーレン)
3.ジョージ・ラッセル(メルセデス)
4.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
5.オスカー・ピアストリ(マクラーレン)
6.フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)
7.ランス・ストロール(アストンマーティン)
8.ダニエル・リカルド(RB)
9.ピエール・ガスリー(アルピーヌ)
10.エステバン・オコン(アルピーヌ)
11.ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)
12.ケビン・マグヌッセン(ハース)
13.バルテリ・ボッタス(ザウバー)
14.角田裕毅(RB)
15.周冠宇(ザウバー)
以下、リタイア
カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
アレクサンダー・アルボン(ウィリアムズ)
セルジオ・ペレス(レッドブル)
シャルル・ルクレール(フェラーリ)
ローガン・サージェント(ウィリアムズ)


セルジオ・ペレスは去年も今頃から急降下していたような気がします。

角田裕毅は終盤までポイント圏内で、エステバン・オコンとピエール・ガスリー
とのポジション争いをしていましたがスリップしてコースアウト、レースに復帰
することは出来ましたが14位に終わりました。
4戦連続のポイント加算が出来ず残念でした。


ジェイソン・ステイサムと一緒に写真を撮って嬉しそうですね。 

ダニエル・リカルドは8位入賞で、RBチームはポイントを加算して28ポイントに
なり、7位以下の4チームのポイント合計を上回っています。

今回のレースで目立ったのは、アルピーヌがようやく上位でレースが出来るまで
マシンをアップデートした来たことかなと思います。

相変わらず、エステバン・オコンはチームと合わないみたいなので、最終戦まで
参加することなく夏休みが明けたら、ドライバーが変わっているのでは?という
感じがかなり強くなってきています。

次のレースは6月23日のスペインGP(二週間後)
フェラーリからの移籍が確定しているカルロス・サインツの地元です。
各チームでドライバーの契約が進んでいますので、スペインGP開催時に地元で
2025年の所属チームを発表するのでは?なんてことを考えています。


nice!(44)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 44

コメント 2

青い森のヨッチン

早朝からDAZNで観てました。
国歌演奏時には自分もTVの前に間に合いませんでしたが罰則無し
自分はペレス擁護派でしたが流石にここに来てドライバー交代と思っていたけど契約延長とは・・・サインツの方がましだった。
Q1敗退はまぁまぁやらかしたなぁ~とは言えるけどQ3敗退はもう援護できませんよ
角田の単独スピンはあわや大惨事でしたね
by 青い森のヨッチン (2024-06-11 11:46) 

suzuran

青い森のヨッチンさん:
コメントありがとうございます。

現地にいたら160万円以上の罰金でしたね。
国歌演奏に間に合わないと罰金というルールは初めて知りました。

シーズン開幕後はレッドブルの1-2が当たり前のようでしたが、ここ最近
は去年と同じくコンストラクターズポイントに貢献することさえ出来ない
状況になっているのがちょっと不思議な気がします。

基本的にはマックス・フェルスタッペンと同じマシンなわけですから
言い訳をする言葉もないように思います。

クリスチャン・ホーナーとヘルムート・マルコの権力争いの結果として
セルジオ・ペレスの二年間の契約延長ということなんですが、今一つ
調子が出ないダニエル・リカルドを降ろすこともしない、レッドブル
は2026年のレギュレーション変更後は、常勝とはいかないような気が
しています。マックス・フェルスタッペンの移籍もありそうです。

by suzuran (2024-06-11 23:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved