SSブログ

F1-GP 2024 第8戦 モナコGP 決勝 [モータースポーツ]

狭い道幅とタイトなカーブが連続するモナコは、予選結果が全てを決すると揶揄
されていますが、今回のレースもその言葉通りの結果になりました。




決勝順位の1着から10着までは以下のようになっています。
1.シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2.オスカー・ピアストリ(マクラーレン)
3.カルロス・サインツ(フェラーリ)
4.ランド・ノリス(マクラーレン)
5.ジョージ・ラッセル(メルセデス)
6.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
7.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
8.角田裕毅(RB)
9.アレクサンダー・アルボン(ウィリアムズ)
10.ピエール・ガスリー(アルピーヌ)


そして、予選順位は以下のような順番でした。
1.シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2.オスカー・ピアストリ(マクラーレン)
3.カルロス・サインツ(フェラーリ)
4.ランド・ノリス(マクラーレン)
5.ジョージ・ラッセル(メルセデス)
6.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
7.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
8.角田裕毅(RB)
9.アレクサンダー・アルボン(ウィリアムズ)
10.ピエール・ガスリー(アルピーヌ)

1着から10着まで全く同じドライバーです。
単純にオーバーテイクは超難解で、無理をして追い越しをかければアルピーヌの
エステバン・オコンのように自滅するわけですから、24戦の中でもっとも面白み
にかけるレースだという評価は正当なものだと思いますし、カレンダーから外す
ことが検討されているのも当たり前のように感じます。



マックス・フェルスタッペン、ルイス・ハミルトンが、退屈でつまらなかったと
言っていますが、それは観客も同じように感じていたことでしょう。

逆に言えば、予選で8番手を獲得した角田裕毅は確実に成長しているように見え
同じマシンで12着に終わったダニエル・リカルドはルノー、マクラーレンの経験
がプラス効果として反映されていないように見えるのも仕方ないと思います。



今回は後方からスタートしたセルジオ・ペレスは、ケビン・マグヌッセンの前輪
と接触してマシンが横滑りをして大きな事故になり、リタイアしてしまったので
コンストラクターズポイントではレッドブルとフェラーリの差は24ポイント差と
ほとんど差のない状態になりました。

シーズンの1/3の段階でマックス・フェルスタッペンの独走というのは、残りの
レースがつまらなくなるので、今のような感じの方が見ている方は面白いです。
ただ、来年の契約を考えるとセルジオ・ペレスは最有力候補から外れましたね。
ダニエル・リカルドはレッドブルに昇格以前に、来年までRBでレースに参戦が
可能かどうかも分からないのが実際のところかも知れません。


nice!(87)  コメント(4) 

nice! 87

コメント 4

青い森のヨッチン

全く持って退屈なレースでした。
あの展開だと誰がレースリーダーでも同じようなレース展開になっていたと思います。
レース中にオーバーテイクは何回あったのかなぁ?
あれじゃ世界中のお金持ちも満足できなかったことでしょう
伝統あるレースだけども今のマシンサイズには合わないGPです。
ルクレールの地元優勝だけが良かった。
by 青い森のヨッチン (2024-05-29 08:48) 

まさ

マシンが大きくなりすぎて、レース中にオーバーテイクは無理ですね。
ペレスのクラッシュ以降、非常につまらないレースでした。
by まさ (2024-05-29 11:32) 

suzuran

青い森のヨッチンさん:
コメントありがとうございます。

退屈なレースでしたね。
先頭のルクレールから、ルイス・ハミルトンまでの車列と、角田裕毅から
最後尾までの車列の2編成が秩序正しく周回をこなした感じでした。

角田裕毅の後ろのアルボンは、かなりイライラしたようですが1周目の
事故による赤旗で、全てのマシンがタイヤ交換義務を終えてしまったと
いうことで、タイヤを傷めないようにというチームオーダーが出たため
角田裕毅はチームオーダーを忠実に守ることでピットに入ることなく
8位を確保できたとということで、チームの評価は上昇しましたね。

残り3周はタイヤの残りが十分にあったことから、プッシュの許可が
出たということで、アルボンに14秒以上の差をつけていますから
それに付いていけなかったアルボンが後からイラついたと言うのは
的外れなコメントだと思いました。

by suzuran (2024-05-29 23:49) 

suzuran

まささん:
コメントありがとうございます。

確かに車幅が小さかった時代のままのコースで、現在のF1マシンを
競わせるのは無理だと思います。

ケビン・マグヌッセンが、あの道幅でペレスをパスできると判断した
のは大きなミスだと思いますが、スチュワードがそれを容認したのは
問題だと感じました。あれはペナルティを課すべき事案です。

by suzuran (2024-05-29 23:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved