SSブログ

哭声 コクソン【2016年・韓国映画】U-NEXT 見放題 [シネマクラブ]

この映画に主演したクァク・ドウォンが免許取り消しの数値をはるかに上回る
レベルの血中アルコール濃度を検知されて、飲酒運転で摘発されました。

韓国は酒豪の多い国として知られていますが、酒に強ければ飲酒して運転する
ことがあっても摘発されないわけはないですからね、そういう社会のルールを
守らないのは役者だろうが、国会議員だろうがダメなのはダメです。

というか、そういう話を聞いて、この映画のクァク・ドウォンの演技を見ると
あれは演技ではなく、クァク・ドウォンの素の姿じゃないのかと思うぐらいに
この映画の中のクァク・ドウォンは行動力も無ければ、鋭い洞察力も観察力も
ない無能警官に見えて仕方ありませんでした。
という話はともかく、本題の映画の話に移ります。




日本の俳優の國村隼さん(ゴジラ映画や園子温監督の映画の出演が多いです)
が、どこからともなく現れた正体不明の日本人として出演し、韓国の映画賞の
「青龍映画賞」で助演男優賞を受賞した映画で、不気味な悪魔の役作りをして
高く評価されたのも頷ける気はします。

警察官ジョングが家族と暮らす田舎町で、一家惨殺事件が発生し、その犯人は
家族の一員という事件が続けて発生し、その原因となっているのは町の外れに
住み着いた日本人が怪しいという噂が町の中で広がります。

鹿を狩っていた男が山の中の急坂を転げ落ちた際、頭を打って意識を失った後
気付いた時に獲物の鹿に噛り付いて貪り食う、裸の男を見たという話を聞いた
ジョングの同僚の話などが、謎の存在の日本人のイメージに積み重なっていき
韓国の片田舎に日本人、どんな仕事をしているのかも全く分からない、怪しい
という、いわゆる田舎で余所者に対する「怖さ」が増幅していく前半部分。

この映画は事前に情報を入れないようにして見たので、前半部分を見て怪しい
日本人は実は犯人ではなくて、現場検証後の殺人現場に現れた正体不明の女が
真犯人を知っているんじゃないの?という見方をしていて、あくまでも人間が
犯人だと思っていたら、なんと死んでも死なないゾンビとか、鐘太鼓お囃子に
乗って踊りまくる祈祷師が登場したので、あれ?悪霊とか、悪魔憑きとか現実
の話ではなく、超常現象の方向に進み始めたので、個人的な推理をリセットし
現実離れしたストーリーにシンクロさせる必要がありました。



ネタバレしようにも本当の犯人以前に、なぜ平和な田舎町が悪霊に狙われたか
という理由も分からなければ、どんな霊力によって殺意も悪意も持たない人を
根性悪い人間に変貌させて、周りの人間を皆殺しさせなければならないのかが
全く付いていけなくて、結論を先に言うと映画サイトなどで一般の映画ファン
や評論家の評価は高いのですが、個人的には星三つです。

テンポよくポンポンと話が進めばいいのですが、主役の警察官ジョングが勘は
鈍いは行動は遅いわ、話の理解力が無いわ、泣くばっかりのヘタレだわで終始
イラッとするので、2時間半の映画が長く感じます。



もっと要点をまとめて、せめて祈祷師並みの行動力を見せて欲しかったです。
祈祷師役のファン・ジョンミンは「ベテラン」の刑事役の方が良かったです。
後、朝食の後でジョングが奥さんと車で出かけて、車の中でアヘアヘしている
という描写は、ラブホテルもない田舎の一軒家では親と子供と同居していると
夫婦の夜のお楽しみの時間も著しく制限されるという部分を表しているような
感じで、映画の中の田舎にリアリティを感じるような表現だと思いました。

ジョングの奥さん役の人って、どこかで見たなと思ったら「ベテラン」の中で
財閥の御曹司に殺されかけたトラックドライバーの奥さん役だった人かな。
幸薄い感じの人なんだけど、なんとなく印象に残る人です。

【キャスト】
ジョング:クァク・ドウォン 谷城(コクソン)の警察官
イルグァン:ファン・ジョンミン 祈祷師
山の中の男:國村隼 謎の日本人【正体は悪魔?】
ムミョン:チョン・ウヒ 事件の目撃者【巫女のような存在?】
ヒョジン:キム・ファニ ジョングの娘

サスペンスということになっていますが、正体が人間じゃないとか、それって
ホラー映画なんじゃないの?と思いますが、よく分からん映画でした。


nice!(59)  コメント(0) 

nice! 59

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved