SSブログ

プールで感染する怖い病気 [健康・医療・美容・化粧]

異例の速さで梅雨が明けて、気温が体温以上になりそうな日が続くようになり
相変わらずのコロナ感染爆発状態のおかげで、暑い最中にマスクの着用という
異例な対応もしなければならず、体力的に厳しい夏になっていますね。

pool-lady1.jpg

換気が必要と言われるので、外気を閉鎖して部屋での冷房は出来るだけ避けろ
ということになっていますので「水浴びでもしないと、やってられません」と
言いたくなる人も子供連れの人は特に思うかもしれませんね。


例年ならば、海水浴場や清流の河原、レジャープールに出かける人も多くなり
水の事故が増える時期になり、去年までは閉鎖されていた海水浴場も三年ぶり
に再開になったところが多くなり、ここ数年では例がないレベルで水難事故が
増えているようですね、特に今年は離岸流(遠浅の海で突然、潮の流れが速く
なり浅瀬で遊んでいる子供や泳ぎの不得意な人が流される)に関係する事故が
多いようですので、川が流れ込んでいる河口の近くは注意が必要です。

pool-lady2.jpg

プールについては感染防止対策を行った上で、という注釈付きで営業している
ところが多いような感じなので、水の事故を防ぐ方策については、命に関わる
ことなので個人として迂闊に書くことは出来ませんが、プールの水で感染する
クリプトスポリジウム症という病気について書いておきます。

pool-lady3.jpg

クリプトスポリジウム症という病気は、牛、馬、豚、イヌ、ネコ、ネズミなど
哺乳類に寄生している原虫が糞便と共に排出されて、手指や食物を通して経口
感染するとされている病気です。

この病気の怖いところは感染者(下痢症状のある人)がプールに入るとプール
の中に原虫がばら撒かれ、感染者が一気に増えるということがある点で原因は
ともかくとして、水様性の下痢が続いている人がプールに入ることまずないと
思いますが、下痢が治まった後でも二週間程度はプールや公衆浴場を使わない
というようにすることが必要な病気です。

pool-lady4.jpg

プールの場合は塩素消毒がされているはずですし、公衆浴場の場合も入浴前の
エチケットとして、掛け湯のスペースがありますし塩素消毒もされていますが
それでも生き残るのがクリプトスポリジウム原虫です。

普通に考えたら哺乳類の糞便が口に入ることはないはずですが、牛の糞は有機
肥料として使われていますし、イヌやネコの糞は公園の砂場に放置されている
ことが問題視されているぐらいなので、小さな子どもが砂遊びをした後で手を
口に持って行ったり、乾燥した糞が埃状になって風に流されてプールの中へと
入り込むことがあっても不自然ではありません。

pool-lady5.jpg

また、ネズミの糞が乾燥したものは天井から粉になって、食品や飲料水の中に
降り注ぐということもありますから、腹痛を伴う水様性下痢が3日~1週間程
持続して、腹痛、吐き気、嘔吐、軽度の発熱がある場合には早めに医師を受診
することが大切です。

ということで、こういう症状のある人がプールに入ると、感染力が非常に強力
なので、集団感染を起こす危険性が非常に高い上、現時点では予防薬も特効薬
もなくて、抗生物質も効き難い病気ですから、特に小さな子が感染すると危険
ですから要注意だとされています。

pool-lady6.jpg

今まであまり知られていなかった病気ですが、過去10年間で1万数千件の患者
が発生している隠れた感染症ですから侮れません。


nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 33

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved