SSブログ

2022年・桜花賞 JRA-GⅠ [競馬]

去年の武豊騎手は、落馬事故の影響で出走することも叶わなかったわけですが
その前年の2020年は、1番人気のレシステンシアで2着、2019年は6番人気の
シェーングランツで9着、2018年には、4番人気のマウレアで5着ということで
有力馬にのれば最強牝馬のデアリングタクトとの競争で惜敗、その他の年には
トップレベルにはちょっと及ばない感じの馬ということで、桜花賞の優勝から
しばらく遠ざかっているのが、武豊騎手の桜花賞戴冠です。



しばらくというと、どのぐらいなのかという話なんですが、武豊騎手が桜花賞
を勝ったのは、なんと18年前にダンスインザムード(父:サンデーサイレンス
母:ダンシングキイ)で勝って以来、2着はありますが勝てていません。


ダンスインザムードの母、ダンシングキイの仔は牡馬のダンスインザダークも
牝馬のダンスパートナーも武豊騎手にGⅠ勝利をプレゼントした馬でしたから
武豊騎手にとっては思い出の馬なんじゃないかと思いますが、そういう話では
なくて、今回の桜花賞は久し振りに勝てそうな感じだったんですが…。
残念ながら鼻差の2着と惜敗でした。



今年、騎乗したのはウォーターナビレラ【父:シルバーステート】で、父馬の
シルバーステートは重賞勝ちこそありませんが、現役時には5戦4勝の強い馬で
足元が弱かったため早めに引退して種牡馬になった馬です。

シルバーステートの父馬はディープインパクトで、生産はノーザンファームと
競走馬界ではお坊ちゃまの家柄で、現在は優駿スタリオンステーションに繋養
されています。(見学不可の対象になっているので、行っても会えません)

お父さん(ディープインパクト)の血統が覚醒したのか、産駒の戦績が良いと
いうことで、去年の初産駒デビューから注目されている種牡馬です。

厩舎が武幸四郎調教師のところで、兄の武豊騎手が騎乗するということで兄弟
でGⅠ制覇かと騒がれていましたが、6番人気のスターズオンアースの追込み
に捉まってしまいました。スターズオンアースの父は急逝したドゥラメンテ。

次走はNHKマイルカップなのか、オークス(優駿牝馬)なのかわかりませんが
NHKマイルカップには、4月9日にニュージーランドトロフィーで優勝している
馬娘の藤田晋オーナーのジャングロが出走するので、武豊騎手は悩みどころに
なるのかな?嬉しい悲鳴ってやつか?



それはともかく、来週の皐月賞はこれまた久し振りに武豊騎手が勝てるかもね
と思っているドウデュース【父:ハーツクライ】での出走です。
今度は勝てるといいですね。


nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved