SSブログ

コロナ感染で男性の股間に関わる後遺症 [健康・医療・美容・化粧]

最近は「男らしい」とか「女らしい」という言葉は、排除される対象になった
ため日常の言葉としても使われることは少なくなりましたが、それと意味的に
同じような感じの「沽券に関わる」という言葉がありますよね。

masculine.jpg

例えば、20kg程の箱が置かれていて邪魔になっている時、力のありそうな男性
に移動をお願いしても持ち上げることが出来ない時、そんなに立派な体なのに
その程度の荷物が持ち上がらないなんて「男子の沽券に関わる」わね、なんて
使われ方をしますが、意味としては、その対象となる人のプライドや評判など
に差し支える、差し障りがあるという表現で単純に言えば「〇〇らしくない」
ということになるわけですね。


というような感じで、さんざん「沽券に関わる」の説明をしながら、タイトル
は「股間に関わる」になっているので、変換間違いなのでは?と思われた方も
いらっしゃるかも知れませんが、コロナに感染すると男性は「沽券に関わる」
ことがあるかも知れませんが「股間に関わる」のも事実のようです。

blood-covid19.jpg

どういうことかというと、男性のシンボルとされている部分、日本語で生物的
に表現すると陰茎、英語ならペニスと呼ばれる部分が、新型コロナウイルスに
感染すると男性の約10%の割合で、ペニスの長さが約3.8cm短くなったという
報告がされていて、それは一時的なことではなく血管が損傷することによって
一度その症状が出たら一生治らないみたいです。

日本人の勃起時の平均サイズは15-18センチの間とされているので、25%ほど
ペニスが短くなるわけで、そりゃ男性の股間に影響があり、精神的な部分でも
男性の沽券に関わる由々しき問題になりつつあります。

dildo-21.jpg

女性は分からないかと思いますが、勃起していない状態の時のサイズは元々が
血液の作用とは関係ないので例えば5cm程度のペニスであっても、それ以上
縮むことはありませんが、勃起時に約4センチ短いのは確実にわかります。

では、何故そうなるのか?なんですが、血管内皮機能障害という立派な名前の
症状が出るわけで、血管の内側に入り込んだウイルスが血管の内壁を損傷して
機能が低下(この場合、勃起中枢の命令を受けた際に海綿体であるペニスの中
に血液が入り込んで、海綿体を膨張させる機能)することにより、性的な興奮
状態になってもペニスが勃起しない、単純に言えばEDの状態になるわけです。

4センチ分の血液がペニスに入り込めないために、ペニスの硬度が保てないと
いうことになれば男性は「股間に関わる」上に、「沽券に関わる」ことになる
わけですから、女性が考えるよりも(二人の愛情交換の場であるわけですから
女性も当事者とも言えますね)大きな問題と言えます。

大きければ良いわけではないのは当然で、大き過ぎるのは痛いから嫌だという
意見は普通にありますから、あくまでも普通サイズの話です。

penis-size-bigger.jpg

長さが5センチあれば、女性を妊娠させられる能力は発揮できる、とされては
いますが、それは勃起しても5センチの場合であって、固く勃起しない場合は
挿入することも出来ないので、これから子供が欲しい人には深刻な問題です。

後遺症の部分も含めて、新型コロナウイルス感染症に確実に対抗できる薬品が
より早く開発されることが重要になっていますね。


nice!(54)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

nice! 54

コメント 2

リス太郎

コロナじゃないけど股間に関わる問題(インポテンツ)で悩んでおります。
by リス太郎 (2022-02-14 14:05) 

suzuran

リス太郎さん:
コメントありがとうございます。

医者であれば歯医者でも処方箋は書けるので、ED治療薬はもっと普通に
普及すれば良いと思いますが、利権第一の医師会と厚生労働省の結託で
売れる薬は市販したくないという思惑が全開の分野ですよね。

海外からの個人輸入サイトでも信用できるサイトはありますから、
そういうところで調達するのが良いと思います。(自己責任ですが)
自己責任と言いながらも日本政府・自民党の自己責任のように完全な
責任放棄ではないので、普通の薬品なら大丈夫ですよ。

一番有名なバイアグラは副作用も強めに出るので、シアリスか
シアリスのジェネリックが普通の体格の日本人には向いています。
ジェネリックなら1錠あたり正規品の五分の一ぐらいで購入できます。

by suzuran (2022-02-15 00:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved