SSブログ

ホープフルステークス・2021年【結果あり】 [競馬]

2021年のJRAのレースは12月28日のホープフルステークスで終了です。
武豊騎手が勝っていない最後のGⅠレースでもありますが、朝日杯FSで勝って
弾みをつけて3歳GⅠを制して2021年を締め括るという展開を期待している人
も少なくはありませんので、優勝して欲しいです。



が、武豊騎手が騎乗するアスクワイルドモアは、ちょっと不利かも…の大外枠
抽選の結果なので仕方ないですが、今年中にGⅠコンプリートをするには条件
悪しの感じではありますね。


アスクワイルドモアは7月にデビューして、三戦目の2歳未勝利で勝ち上がって
重賞(GⅢ)の札幌2歳ステークスに出走して二着。重賞で二着に入りました
ので賞金の加算が出来て、GⅠ挑戦の権利を獲得しました。

9月に競馬をしてから放牧休養を挟んで、約4カ月ぶりのレースになりますから
休養充分で気合十分なのか、休養で勝負勘が狂って力を出し切れないまま終了
になるのか、といったところですが、そこは名手が鞍上ですからね、空回りに
ならない程度にユタカマジックで勝ち名乗りとなるでしょうか。

武豊騎手はアスクワイルドモアの父であるキズナと祖父のディープインパクト
の手綱を取って日本ダービーを勝っていますからね、親子三代ダービー制覇の
偉業に向けて、ここは負けられないところだと思います。



とはいえ、一番人気のコマンドラインは、父ディープインパクトで二戦二勝と
去年の三冠馬、コントレイルのように三冠が狙える力のありそうな馬です。
鞍上もクリストフ・ルメール騎手なので、三着以内には確実に入りそうです。

二番人気のキラーアビリティもディープインパクトの仔ですが、3戦1勝であり
条件的にはアスクワイルドモアと同じかな。横山武史騎手の騎乗です。
横山武史騎手は今年GⅠを4勝してますからね、持ってますよね。

三番人気には、クリスチャン・デムーロ騎手が騎乗するジャティンパレスです。
こちらもディープインパクトの仔で、2戦2勝、デビュー以来、ルメール騎手が
乗っていたので乗り替わりということになりますね。
出走馬の中で一番高額の2億900万円でセレクトセールで購買されています。

そして4番人気がアスクワイルドモア、5番人気はオニャンコポン。
父エイシンフラッシュで、菅原明良騎手が騎乗し2戦2勝ですね。
出走馬の中では一番お安い864万円で購買された叩き上げです。

ということで、冷静に好き嫌いを除外すると武豊騎手は三着かな。
1着コマンドライン、2着キラーアビリティ、3着アスクワイルドモア
というように、ホープフルステークスは予想します。



結果
1着 キラーアビリティ 横山武史騎手 有馬記念に続いてGⅠ連勝
2着 ジャスティンパレス クリスチャン・デムーロ騎手
3着 ラーグルフ 丸田恭介騎手 父は海外も含めてGⅠ6勝のモーリス

アスクワイルドモアは、やはり大外枠からのスタートは不利だったようです。
落鉄(蹄鉄が外れているので、スパイクを履かずに競走している状態)もあり
10着で終わってしまいました。


nice!(32)  コメント(0) 

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved