SSブログ

2021年・F1 第11戦 ハンガリーGP 予選 [モータースポーツ]

ハンガリーGPの二日目、今回からマシンがアップデートされたメルセデスでは
マシンの性能向上に有効に機能しているようで、フリー走行の二回目でトップ
になったのはバルテリ・ボッタス、そして日付が変わって実施された三回目は
ルイス・ハミルトンがトップタイムを出しました。



FP3ではルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの差は0.090秒の
僅差とは言うものの、モナコ以来ずっとリードしていた僅かの差が、僅かの差
でメルセデスが上回ったという事実は無視できないものと思います。


FP3ではルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスに挟まれる形でレッドブル
のマックス・フェルスタッペンという結果になり、セルジオ・ペレスは7番手
と遅れ気味になっているわけで、そこがマックス・フェルスタッペンとの実力
の差という部分かなと思いますが、だからと言ってドライバーを日替わりでは
変えられませんからね、セルジオ・ペレスにもい良いところを見せて欲しいと
思っていましたが、なかなか結果に出ないですね。

FP3の結果は以下のようになっていて、やはり昨日のクラッシュで走行時間が
減ってしまった角田裕毅はセットアップが上手く決まらなかったのか、14番手
と中間層の中では最後尾の状況でした。

アルファロメオ、ウィリアムズ、ハースの3チームよりも下にならなかったと
いうのは悪くはないですが、良くもない状態を表していると思います。
なお、FP3ではミック・シューマッハが、激しいクラッシュを起こしましたが
ドライバーには怪我はなくて良かったです。


そして予選結果ですが、まずミック・シューマッハはFP3のクラッシュで破損
したマシンの修復が間に合わなかったため予選欠場になっています。

予選の結果は以下の通りです。
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
3.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
4.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
5.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
6.ランド・ノリス(マクラーレン)
7.シャルル・ルクレール(フェラーリ)
8.エステバン・オコン(アルピーヌ)
9.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
10.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
久し振りにメルセデスが一列目を独占になりましたが、バルテリ・ボッタスと
マックス・フェルスタッペンはタイム差的には0.106秒というレベルですから
パフォーマンスとしては、あまり差は無いように思います。

以下、Q2敗退
11.ダニエル・リカルド(マクラーレン)
12.ランス・ストロール(アストンマーティン)
13.キミ・ライコネン(アルファロメオ)
14.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
15.カルロス・サインツ(フェラーリ)

以下、Q3敗退
16.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
17.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
18.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
19.ニキータ・マゼピン(ハース)
ミック・シューマッハ(ハース)走行無し

角田裕毅は昨日のクラッシュによって、FP2での走行がほとんど出来なかった
ためにセットアップを煮詰められなかったことも影響していると思います。
ピエール・ガスリーは、最近はコンスタントに三列目、四列目を確保している
ので、アルファタウリのリーダーとして表彰台に立って欲しいです。

マックス・フェルスタッペンは、まだまだ優勝の可能性がありますからね。
前半戦最後を優勝で締めくくれれば後半戦も面白くなります。


nice!(31)  コメント(2) 

nice! 31

コメント 2

青い森のヨッチン

タイヤ戦略が分かれたので興味深いレースになりそう
by 青い森のヨッチン (2021-08-01 19:49) 

suzuran

青い森のヨッチンさん:
コメントありがとうございます。

一周目の1コーナーでレッドブルのレースは実質的に終わりましたね。
アルファタウリのピエール・ガスリーと角田裕毅の二人は上手くトラブル
から抜けられたのが良かった点です。
by suzuran (2021-08-02 01:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved