SSブログ

墜落の夏・追憶の夏 [昭和の記憶・記録]

1985年8月12日、日本航空の羽田発大阪行き123便が墜落した日です。
長いようで短かったように感じる35年間でした。

あの日、私は22:30までのシフト勤務の日で、夕食後の短い休憩時に当該機が
消息不明になったというNHKニュースを見たのを覚えています。

JA8119.jpg

羽田発大阪行きと言えば、日本の航空路線の中で最大級の高需要幹線である上
出発時間が夕方のラッシュ時間帯、さらには旧盆の盆休みの時期でしたからね
搭乗客は満席だということは容易に想像がつきます。


さらに、消息不明の機材が当時では最大の乗客数を乗せられるB-747SRという
ことでしたから、もしも事故に遭ったとしたら、とてつもない人数の犠牲者が
出ることになるわけですから、ニュースを見て最初に思ったのは、これは何か
のトラブルで通信手段が使えなくなったに違いない、ということで墜落をする
なんてことは全く想像できませんでした。

その後、未確認情報として機材のトラブルで遠州灘に不時着したとか、現時点
では着陸可能な空港を探している状況と思われるといった報道が続いたあとで
現在は燃料が尽きたものと思われます、という最悪の事態を示す発表が字幕で
流れ、通常の番組がニュース速報に差し替えられました。

深夜まで報道特別番組は続いて、群馬県と長野県の県境のあたりの山中で火災
が起きているようですという話が出て、ヘリコプターから映した空からの映像
やアメリカ軍の救難部隊が撮影した映像などが公開され、墜落した地点がほぼ
特定されたものの救援は朝まで行えない旨の発表がありました。

位置は確認されたものの自衛隊が救援に行かなかったのはなぜか?最初の説明
では、アメリカ軍が使用する高性能暗視スコープの数が足りないために夜間の
救難活動は出来ない(二次災害のリスクがある)という話があり、そらならば
なぜアメリカ軍に救難活動の支援を要請しないのか?という話もありましたが
結局は、翌朝まで現場に降下をしたという話は出ませんでした。

救難活動が一通り片付いた頃になって、実は、本当の事故原因は自衛隊が発射
した無人標的機が日航機の機体後方に衝突したのが事故原因なので、その事実
を隠匿するのが先決だったために、証拠品を事故現場から搬出することが優先
されたという話も出ましたが、事実として裏付ける証拠がないので正式な事故
原因としては認知されていません。

翌朝早くには報道関係者が陸路から事故現場に入り、陸上自衛隊によって仮設
ヘリポートが設置されると上空をヘリコプターが飛び交うようになり、悲惨な
様子が報道されるとともに四人の生存者が助け出され、その証言から墜落直後
には他にも何人かの生存者がいたことも確認され、自衛隊の救援活動の初動の
遅れや、アメリカ軍に捜索支援を要請しなかった日本政府に対して、危機管理
能力の欠如が批判されたりもしていました。

航空機事故は発生確率から言えば、確かに車や鉄道などの地上を走る交通機関
の事故とは比較にならない低い事故率ではあるものの、実際に事故に遭遇した
場合には、死亡率はほぼ100%で、歯形のレントゲン写真や髪の毛などの鑑定
が必要なほど身元確認が難しいような悲惨な状態になることから、航空機での
旅行は絶対にしないと言う人もいますが、人それぞれに死生観も違えば価値観
も違いますからね、それは永遠に結論の出ない議論ですね。

19850811_yuigon.jpg

安全運航という言葉に「絶対」がないのは、あの99.9999%安全だと言われて
いたスペースシャトルでさえも空中爆発をしたり、空中分解をしていることで
理解しているつもりですが、それでもやはり自分が乗る飛行機は絶対に墜落は
しないと思いたいのが普通の人の感覚でしょうね。

osutaka.jpg

そんなわけで、御巣鷹山の事故から35年が経ちましたが、これからも死亡事故
は絶対に起こさないという強い決意を持って航空各社は運航して欲しいです。
コロナ禍で過去にない存続の危機に立たされている航空会社ですが、それでも
空を飛んでどこかへ行きたいという人の思いは無くならないと思います。


坂本九さんも亡くなって35年になりました。

自分自身もまた飛行機に乗って旅に出たいと思っていますので、飛行機の旅行
はどんな時も安全であって欲しいと願っています。


nice!(68)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 68

コメント 2

tomi_tomi

訪問・nice!有難う御座います。 この事故は衝撃的でしたね!一人の少女がヘリで救助されたシーンは忘れられません。今コロナで各航空会社は大赤字ですが点検整備はしっかりとしてもらいたいですね。。
by tomi_tomi (2020-08-13 03:10) 

suzuran

tomi_tomiさん:
コメントありがとうございます。

整備フライトとか、旅客機を使った貨物便などでパイロットの技量が
低下しないように準備万端だと思います。
早く、空を飛んで旅行に行きたいです。
by suzuran (2020-08-14 22:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved