SSブログ

シンガポール名物?亀ゼリー [限定・季節の食材]

シンガポールで海鮮料理などの、少々お値段の張るディナーを食べた場合には
サービスと称して亀ゼリーが出てくることがあります。

turtle-jelly-1.jpg

見た目はコーヒーゼリーのような黒っぽいものですが、漢方薬的な匂いがする
以外は、中に亀の切り身が入っているわけでもなく(当たり前なんですが…)
怪しげなものではありません。

ゼラチン質かプルプルと柔らかいというよりはブルンブルンという感じの食感
で、いかにも漢方薬的な苦味がフワッと口の中に感じられますが、食べた後で
不味いと断言できるような分量ではないので、本気で味の評価をするつもりで
食べるのであれば、市販されているものを買うしかないなと思っていましたが
わざわざ買ってまで食べるべきものか?という気もするので缶詰を買ってまで
食べたことはありませんでした。


そんなことを考えながらシンガポールの街中を歩いていた時、チャイナタウン
(華人街)で大量の缶詰の亀ゼリーが安い値段で売られているのを見て、一度
トコトン亀ゼリーとお付き合いしましょうということで、スーパーの黄桃缶と
同じぐらいの缶詰を一缶買い込みましてホテルに持ち帰って、缶切りを借りて
一人でたっぷりと食べてみたことがあります。

turtle-jelly-2.jpg

結論としてはサービスサイズで少量食べても、勢いで買ってたくさん食べても
味に違いは感じられませんでしたが、元々が薄い甘みの味付なので、どれだけ
食べても嫌気が差すようなことはなく、ただお腹が膨れていくだけだったので
ダイエット向けとして使うのが正解かな。

お腹が膨れるので後の食事はあまり食べられませんから、痩身と美肌を兼ねて
女性に最適なデザートとも言えそうです。

turtle-jelly-3.jpg

シンガポール名物とは書きましたが、缶詰の製造元は中国なのでシンガポール
はただ単に個人的によくお目にかかっただけのことです。

中華圏の香港や台湾でも普通に手に入りますし私の地元である愛知県だったら
犬山市のリトルワールドのワールドバザールだったかな?入口から入ってすぐ
のお土産品売り場でハブ酒と一緒のコーナーで売っていたと思います。


nice!(47)  コメント(4) 

nice! 47

コメント 4

リス太郎

亀ゼリーに亀は入っているのでしょうか。スッポンだとうれしいな。
私は仕事で中国に60回ぐらい行ってるんですが、あの国には男性向けの精力絶倫飲食品がやけに多いです。スッポンの血を飲んだりとか。確かに効きます。全身に力がみなぎります。そうやって中国人は14億人もの子孫を残してきたのでしょうか。
by リス太郎 (2019-10-28 02:19) 

旅爺さん

製造元がなんでも食べる中国ではカメのエキスとかが入ってるんじゃないですかね?。爺はシンガポールで見かけませんでした。
by 旅爺さん (2019-10-28 09:39) 

suzuran

リス太郎さん:
コメントありがとうございます。

亀の甲羅は煮ても溶けないタイプが大半ですが、スッポンなどのように
甲羅がコラーゲンで出来ているタイプの亀は、長時間煮ることによって
甲羅からコラーゲン成分が出て、亀ゼリーになります。

スッポンを食べたことはないので、その効用は分かりません。

by suzuran (2019-10-29 00:35) 

suzuran

旅爺さん:
コメントありがとうございます。

亀の甲羅の濃縮タイプという理解で良いと思います。
シンガポールでは中華街にありますし、空港でも見かけました。
by suzuran (2019-10-29 00:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2021 suzuran All right reserved