So-net無料ブログ作成

シンガポールにお出かけ・13 [旅行記]

MRTで小旅行をしてマーライオン公園に戻りました。
夜8時過ぎから対岸のマリーナ・ベイ・サンズからレーザー光線が発射されて
光のショーが始まるということで、岸壁に集まった人々(ほぼ100%が海外
からの観光客)がショーの始まりを待っていました。

sin_journey-19-124.jpg

シンガポールに着いてからB級グルメとは言いませんが、割とリーズナブルな
食事(決してチープではありません)が続いたので、シンガポール最後の夜と
いうこともあって、光のショーを正面で見ることが出来る海鮮料理店で食事を
しようと席を用意してもらいビール(シンガポールはタイガービール)を注文
した後で、メニューを見てビックリ…多分、普通なんでしょうけどね。


炒飯と水餃子とビール二杯で、8,000円でした。
エビとか具が多くて美味しいのは間違いないのですが、やっぱりシンガポール
でレストランで食べると高いです。ホーカーズとは一緒になりません。

sin_journey-19-125.jpg

ビールを注いでくるジョッキはガラス製ではなくピューター(錫製)です。
シンガポールの数少ない名産品の中でも、錫製品は昔からよく知られた存在で
30年ぐらい前にシンガポールへ行こうとしていた頃のガイドブックにはお土産
として最適なのは熱伝導が良いので、冷たいビールに最適な錫のジョッキだと
書かれていたぐらいです。(この時は結局、沖縄に行きましたが…)

sin_journey-19-126.jpg

sin_journey-19-127.jpg

料理としてはシンガポール名物の海鮮と言えばチリクラブなんですが、一匹が
4,500円ぐらいしますし、あのカニはあまり身がないので止めました。
前にすり身のしゃぶしゃぶのようなスチームボートも食べましたが、あれなら
薄味のおでんと大差ない感じだったので、シンガポールの美味しいものは高い
お金を出さなくてもホーカーズで食べるので十分な気がします。

それはともかく、今回のお店の名前は「palm beach seafood」
メニューを見て動揺しているのがバレバレで、ビールだけで退散しそうだなと
警戒されたようで、あまり流暢ではない日本語で「これ美味しい」とお値段が
安めのものをお勧めしてくれる辺り、高評価を付けたいレストランです。

中には高いメニューを持ってきて、あんたのような貧乏人が来るとこじゃない
みたいな態度で、オードブルとかサラダとかを勧めてくる嫌味なウェイターが
いるところがありますが、そんなところと比べれば良いお店でした。

そもそもシンガポールは煙草とかアルコールなど有害なものはトコトン税金を
かけている国なので、ビールがかなり高いんですよね。
高級なお店で安く上げたいときはアルコールは飲まないことですね。

炒飯を食べて、水餃子を食べてタイガービールを飲んでいたら、光のショーが
始まりましたが、今一つ音が聞こえなくて盛り上がりに欠けました。

sin_journey-19-128.jpg

sin_journey-19-129.jpg

sin_journey-19-130.jpg

対岸から見るよりもマリーナ・ベイ・サンズに宿泊している人が対象なんだと
思いますが、せっかく大々的にやるんだからマーライオン公園側でも、同時に
BGMが聞こえるようにしてもらえるとリアルタイムで盛り上がれそうですが
あまり音が聞こえないので、ちょっとズレた感じがしました。

sin_journey-19-131.jpg

sin_journey-19-132.jpg

光のショーが終わって、今一つながらも多くのギャラリーがいたので、周囲の
雰囲気は一時間後にもう一回というノリの人もいましたが、それなりにMRT
でお出かけもして疲れたので、真っ直ぐホテルまで帰ることにしました。

sin_journey-19-133.jpg

sin_journey-19-134.jpg

sin_journey-19-135.jpg

sin_journey-19-136.jpg

最後の夜だったので名残惜しかったのですが、特に行くところもないですから
ホテルに帰って、インド人街で買ったジャックフルーツを食べたのでした。

これで最後にしようと思いましたが、未公開写真が見つかったので、写真紀行
みたいな感じで、もう一回書こうかなと思います。


nice!(78)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 78

コメント 2

JUNKO

夜の街もきれいですね。夜間動物園に行った記憶があります。
by JUNKO (2019-09-15 20:13) 

suzuran

JUNKOさん:
コメントありがとうございます。

ナイトサファリですね。あれも入場料が高いですね。
トラムに乗って回りましたが、目が悪いのでよく見えませんでした。
真横にマレーバクがいてビックリしましたが、白黒のツートンカラー
でもほとんど気付きませんでしたから、もしもインドの森林地帯に
行ったとしたら、気付くことなくトラに咬まれて瞬殺だと思います。

ナイトサファリは元々、日本航空や全日空、シンガポール航空の
深夜便のお客さんがホテルをチェックアウトした後の待ち時間を
なんとかお金にしたいという旅行会社とシンガポール動物園、そして
深夜便の乗客を確保したい航空会社の思惑から生まれたみたいです。

シンガポールと日本は深夜便を飛ばすのに最適な約7時間なので、
飛行機の稼働時間を増やせるし、駐機料を節約できる上、この企画が
実現したおかげで旅行者も空港で待機する必要が無くなって、全体が
良かったという事例になっていますね。

面倒臭いのは動物園の動物たちだけかもしれません。
by suzuran (2019-09-16 00:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved