So-net無料ブログ作成

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ [シネマクラブ]

世界各国でベストセラーになった官能小説の「フィフティ・シェイズ・オブ・
グレイ(Fifty Shades of Grey)」が数年前に映画化されて日本でも公開され
期待を下回る興行成績でしたが続編が製作されて、さらに不入りでした。



アダルト映画に特化することは出来ないけれど、性的描写を削り過ぎたら小説
の内容を映像化できない、さらに一般の女優が出演しているので生々し過ぎる
性交シーンを撮ることも出来ないという感じで中途半端な映画でした


アメリカではそこそこにヒットしたみたいですが、そもそも原作本の日本語版
も英語圏と同様な売れ行きが期待されていたみたいですが、本屋さんの平積み
の本もそんなに売れている感じはなかったので、出版元・本屋さんともかなり
期待外れだったのではないかと思います。

女子大生と若き大富豪とのSMを盛り込んだ性的関係の契約を結び、日々調教
されていくという内容で、米国や英国のベストセラーランキングで上位を独占
し合計販売部数は数百万部という規模になりいわゆるポルノ小説にも関わらず
あのハリーポッターを抜いたなんて言われていましたが、日本ではそれ以上に
刺激的な女性向けのコミック雑誌(通称レディコミ)があるので、そんなには
売れないだろうなと思っていましたが、やっぱり売れませんでしたね。



日本語版の読者層としては30~40代の主婦層を中心に人気が出るだろうと
予想する意見もありましたが、その理由が日本の女性は店頭で堂々と内容確認
をする勇気はないので、Amazonを利用する購買層が密かに買って楽しむ
だろうと考えられたみたいですが、レディスコミックを普通に買える人たちが
単行本の装丁の本を買い控えるとも思えないので、店頭では不人気でもネット
販売で大ヒットなんてことはやはりなかったわけです。

上下巻合わせて約四千円で、さらに翻訳者がセクシーな表現力が下手であれば
いくら官能的だと言われても恋愛小説のハーレクインロマンスの官能シーンを
超えることはなかなか難しいかと思います。

男性器・女性器の登場する場面は多いのですが隠語というか俗語というか翻訳
した人もかなり苦労しただろうなとは思いましたが、直接的な表現が少なくて
経験者なら想像力をかきたてられるかも知れませんが、SMの調教を体験した
人なんてそんなにはいないと思うので、その辺りも微妙でした。



この小説がヒットした頃、ある英国の作家が官能小説は女性に誤ったセックス
やオルガスムスの認識を与え健康に有害であるという自説を発表しました。

男性は視覚と聴覚からの刺激に反応しやすいことから、アダルトビデオを主に
愛用しているのに対して、女性の場合は文章を読んで想像力を働かせて頭の中
でイメージを組み立てるという性差による特性があるので、女性が性的欲望を
高めるのは官能小説という基本的な見方から、そういう説に達したようです。

アダルトビデオが実際のセックスとは違うのと同様に、官能小説も実際の愛撫
やセックスとは違う部分があるにも関わらず、女性が官能小説の内容を実際の
セックスだと思ってしまうと相手の愛し方が下手なのだろうか?とか自分自身
が性的に問題があるのではないだろうか?と悩んで、女性器を整形してみたり
ノイローゼになったりして健康を損なってしまうということもあるようなので
作家の意見も間違ってはいないかと思いますが、自分の小説よりも官能小説が
売れたことに対する嫉妬もあるんじゃないのかな?と思ったりします。

女性が自分自身を卑下して、自信を喪失する原因の一つが官能小説であるなら
それは確かに女性にとっては有害であり読まない方が良いでしょうが、小説の
世界にそこまで徹底的に没入する人がいるかは別問題です。

快感のパターンも波の大きさや振幅も個人差がありますし、女性器自体の悩み
として潤わないとか、パートナーに膣の締まりが緩いと言われて傷ついたとか
人それぞれに性的なコンプレックスみたいなものはあると思うので、官能小説
の表現と現実の差異で健康問題に発展することはないと個人的には思います。

世間的にいろんな評価はありましたが、自分なりに小説を読んで、映画を観て
思ったことは「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」はエロは感じなかった
ということで、つまんない映画だったなとブームが去った今なら堂々と言える
なんてことを思っております。


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント



モッピー!お金がたまるポイントサイト


Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved