So-net無料ブログ作成

40歳のチャンピオン・パッキャオ(結果あり) [スポーツ]

1月19日アメリカ・ラスベガスのMGMグランドアリーナで、6階級を制覇し
現在は、WBAウェルター級チャンピオンのマニー・パッキャオの初防衛戦が
エイドリアン・ブローナーを相手に開催されます。

Pacquiao_Broner.jpg

相手のエイドリアン・ブローナーは現在29歳。
パッキャオを比較すると11歳も年下ですが、ボクサーとしてのキャリアは長く
現在までに4階級を制覇している元チャンピオンです。


日本の某タートル三兄弟のような暫定チャンピオンとか水増しチャンピオンと
いうわけではありませんが、4階級を制覇している割にはあまり有力な挑戦者
とは見られていないような感じですが、ブローナーはファイターとしてよりも
メイウェザーなどへの口撃によって知名度が高く、お行儀の悪い行状によって
倒されることを望まれるプロレスのヒールのような存在であることも、一つの
理由なので、決して実力がない訳ではなくパッキャオも過去最強レベルの相手
だと公言しています。



パッキャオはWBOウェルター級チャンピオンとしての防衛戦では負けていて
その後で獲得したWBAウェルター級チャンピオンとしての防衛戦のため同級
ではあるものの初防衛戦ということになりますから、特に負けられないという
意識は強いでしょうし、現在チャンピオンであるのと同時にフィリピン議会の
上院議員でもあることから、ドゥテルテ現大統領の後はチャンピオンのままで
大統領になりたいという夢もあるようなので、そういう意味でも負けることは
許されないという意識は高いと思います。

地上波では放映されないので生中継を見る機会はありませんが、パッキャオの
試合結果はとても気になるので、明日はネットニュースのチェックをこまめに
しようと思っています。

日本の若いスーパーチャンピオンの井上尚弥の存在は亀田三兄弟がぶち壊しに
した日本のボクシングを再び、リアルスポーツとして復活させてくれたという
意味でも本当に貢献度の高い選手だと思いますので、本当に日本ボクシング界
の至宝ではありますが、40歳を過ぎても現役チャンピオンとして君臨し災害が
発生した時には被災者に希望を届けることの出来るマニー・パッキャオもまた
フィリピンの英雄として偉大な選手だと思いますので、19日の試合には勝って
大統領とチャンピオンを両立して欲しいと思っています。

続報)
12ラウンドを有利に進めたパッキャオが、エイドリアン・ブローナーに 3-0
(117-111、116-112、116-112)で判定勝ちしました。

Manny Pacquiao win2019.jpg

リングサイドではフロイド・メイウェザーが試合を観戦していて、パッキャオ
は「彼が戻ってくるならやってもいい。やる用意はできている」と発言をして
今秋に再戦という話が進んでいるようです。

もしも再戦するなら前回のように拳を痛めるようなアクシデントのない状態で
試合が出来れば本当の決戦ということになりそうですね。


nice!(48)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 48

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved