So-net無料ブログ作成

次に映画になる伝説のグループは? [音楽]

クイーンの内幕を肯定的に描いた作品「ボヘミアン・ラプソディ」が予想以上
に高評価を受け、興行的にも大きな収益を上げたということで、映画製作会社
が次に考えることはクイーンと同じように世界的なヒット曲を複数持っていて
尚且つ、悲劇的な最期を遂げたメンバーがいたグループの映画を作れば大きな
リスクを背負わずに利益が得られるはずだという目算があると思います。



世界最高レベルのクリエイターが集まっているハリウッドでも企画・原案段階
では、そんなに多くのアイディアが満ち溢れているわけではないということは
ここ数年の新作映画でリメイクや続編の占める割合が高いことを考えても容易
に理解できることだと感じています。


主役を演ずるミュージシャンに似ている俳優であれば、有名スターを起用する
必要がなく、高い出演料を払わずに映画のセット等に製作費を投入できるので
映像化される部分にお金をかけられるというメリットもあると思うので、今後
確実に数本のロックバンドの自伝映画が出て来るように思います。

今までの傾向からの予想なので、絶対に確実だとは言い切れませんがそれでは
どのグループが映画になるでしょうか?というのが今回のテーマです。

ここまで書いておいて何なんですが、「ボヘミアン・ラプソディ」の紹介の時
にクイーンを伝説のグループと表現していますが、フレディ・マーキュリーは
亡くなっていますが、ブライアン・メイとロジャー・テイラーは現在も現役で
クイーンを名乗って活動しているのですから伝説という表現はどうなのかな?
という気はしないでもありません。

ジョン・ボーナムが急逝した後になし崩し的に消滅したレッド・ツェッペリン
が伝説のグループだというのなら、それは確かにそうかもと思いますし、主要
メンバーが亡くなって復活がありえないという視点ならば、ジョン・レノンと
ジョージ・ハリスンが他界しているビートルズは伝説のグループの筆頭になる
存在ですが、映画になるかというと、ちょっと違う感じがします。



世界的なヒット曲があるという基準で見ると、ジョージ・マイケルが急死した
ワムは世界的なヒット曲はありますが、映画になった場合ジョージ・マイケル
の生き様にどれだけの人が共感するかと言えばわからないですよね。



というように考えると現役のグループを含めて、メンバーのプライバシーまで
公開されているわけでもないですからね、映画製作にも関わったブライアン・
メイやロジャー・テイラーのようなグループの歴史を語れる生き証人がいると
いうのは大きいわけで、そういう意味では二匹目のどじょうは難しそうです。

世界的なヒット曲があるとは言えませんが、アメリカでは確実に伝説のバンド
になっているレーナード・スキナードだったら映画になるかなとは思います。

航空機事故でリードボーカルのロニー・ヴァン・ザントとギターのスティーブ
・ゲインズ、姉でコーラス担当のキャシー・ゲインズが亡くなったことにより
バンドは解散しましたが、墜落事故から生還したアレン・コリンズとゲイリー
・ロッシントンとビリー・パウエルなどのメンバーが再集結し女性ボーカルの
デール・クランツのロッシントン・コリンズ・バンドとして復活。

その後、ロニーの弟のジョニー・ヴァン・ザントがリードボーカルとして加入
してレーナード・スキナードは復活しました。
ということで、波乱万丈のドラマのような実話が続くわけで映画の題材として
最適なんじゃないかと思いますが、どうでしょうね。



映画のタイトルは「フリーバード」(レーナード・スキナードの象徴的な楽曲
でライブでも必ず演奏される名曲)とか、ありそうな気がします。
アメリカ国内では映画としてもヒットするんじゃないのかな。


nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント



モッピー!お金がたまるポイントサイト


Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved