So-net無料ブログ作成

K-POPが珍しかった時代 [音楽]

ペ・ヨンジュンさんの「冬のソナタ」が日本で大ブームになった時、一部
の人の間では台詞が古臭いとか日本のドラマとの作風の違いなどを理由に
一過性のことだと言っていましたが、現時点で私の周囲でドラマと言えば
韓国ドラマという人の割合は半数以上です。

Kim-Ah-Joong_doctor.jpg

もちろん十代や二十代前半のいわゆる若年層ではありませんが女性として
魅力を失っているような人ではなく、反韓国ドラマを標榜する人達が主張
しているような夫に相手にされず、韓国ドラマでしか恋愛の欲求を満たす
ことが出来ないような人ではありません。


実際に韓国で制作された映画の日本での上映本数が減っているという話は
本当ですが、だからと言って韓国映画やドラマを見る人が減っているとは
思えませんし、レンタルDVDでも韓国の映画やドラマのコーナーが常設
されているぐらいですから、韓流は単に時代のあだ花的な存在から定番の
カテゴリーの一つになったことが確認できます。

私自身は洋画でも邦画でもラブストーリーという内容自体で頭が痒くなる
タイプなの、で韓国作品でもハリウッドの作品でも邦画でもダメなんで、
コメントしにくいですが時代劇の大王四神記は見ました。

というか私の場合、もっと前にヒットした「シュリ」で、キムユンジンに
惹かれた人なので韓国の映画やドラマに偏見がないとも言えますし、韓国
から日本に留学していた韓国人の友人(バイオテクノロジーの研究の成果
でニューヨークの大学に招かれて行ってしまいましたが…)にいろいろな
音楽なども教えてもらっていたので、今の韓流の波が自然なこととして、
受け入れられるのかも知れません。

一度は解散してしまったTURBOが今でも好きで、そりゃ昔のようには
売れていませんが、解散後も高音のボーカルの Kim Jong Kook が一線で
活躍していたぐらいなので韓国の歌番組を見ると時々、以前のTURBO
の頃(現在の三人になった新生TURBOの前)の歌を現在の若い世代の
グループが歌っていることがあり、それはそれで満足しています。









日本では四十年以上前にヒットした「黒猫のタンゴ」原曲はイタリアの歌
を「Black Cat」という題名でヒットさせていて、この歌もよく
カヴァー曲として歌われています。ひと昔前を知る老人の呟きでした。




nice!(50)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 50

コメント 2

みずき

韓流ブームの時、新大久保はすごかったですね。
先日、用事があって新大久保駅に行きましたが
今はインド系の方を目にすることが多いように
感じました^^;
by みずき (2018-11-23 21:24) 

suzuran

みずきさん:
コメントありがとうございます。

第二次韓流ブームの時にも新大久保は行きましたが、あの頃は若い世代は
割と少な目で30代、40代、50代(目的とすることはそれぞれに違っていた
ように思います)の女性が大半でしたが、今は修学旅行の自由行動の時間
を使っている女子高校生(中学生もいるのかな?)がとても目立ちますね。

Instagramの影響で、ホットクとかホットドッグを食べる自撮りをする
ことを目的にして並んでいるのもほとんどが10代と思われる女子でした。

インド系、パキスタン系のカレー屋もちょこちょこ見かけますし、東南
アジア料理の代名詞のようなタイ、ベトナム料理の店もありますね。

田舎から東京に行くと見るところは無数にありますが新大久保に行くと
やっぱり面白いなとは思います。

by suzuran (2018-11-24 23:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント



モッピー!お金がたまるポイントサイト


Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved