So-net無料ブログ作成

大砂嵐が二度目の無免許運転で解雇 [トラブル]

大相撲初のアラブ系関取(元西前頭筆頭)として特集番組が放送されたり
していた元力士で、現在は総合格闘技のRIZINに所属していた大砂嵐
が静岡県内の高速道路で無免許運転の上にスピード違反をして警察が捜査
しているという話が出たために、所属するRIZIN側で代理人を通じて
本人に確認したところ、事実関係を認めたため契約解除=解雇という結果
になったことが伝えられています。

thunder_storm.jpg

偶然、大砂嵐が関取になった際に放送されていた特集番組を見てエジプト
の故郷に電話をして父親に喜びの報告をしている様子がとても実直そうに
見えたので、モンゴル勢が一大勢力になっている現在の大相撲の中で力で
対抗し、人柄で相撲ファンを魅了することが出来そうな関取だなと思って
いたのですが、残念なことに今年の1月に、長野県内で追突事故を起こし
事故の捜査をする警官に対して運転していたのは妻だと虚偽の供述をして
検挙され、嘘をついた理由が無免許運転だったということで日本相撲協会
を解雇された時にはとても残念に思いました。


関取になったことを涙ながらに故郷に報告し、さらなる上の地位に向かい
精進をすると言っていた同じ口で、なんとかして無免許運転による事故の
処罰を免れたいという心情だったとしても奥さんを身代わりに差し出そう
という態度は絶対に許すことの出来ない卑怯なやり方だと感じました。

また引退した時の番付は西前頭筆頭でしたが、この後も今まで以上に真摯
に相撲に取り組めば、三役になることも現実離れした夢物語ではない強さ
があったと思いますので、モンゴル勢に対する日本人というほとんど毎回
定番化した視点とは違った見方をすることが出来そうだったにも関わらず
本人の無免許運転という、言い訳のできない法律違反によって引退勧告を
受けて相撲界を去るというのはエジプトの家族にも悲しい思いをさせたと
思うんですが、相撲から総合格闘技へと戦う場所を変えて、再起を図った
試合から一か月も経たないうちに解雇=引退というのは、いくらなんでも
人として未熟すぎるのか、世の中を舐めているのかどっちなんだろう?と
考えるレベルだと普通は思いますよね。



本人的にはRIZINに移籍後にやったわけではない(実際に静岡県内で
スピード違反をしたとされているのは4月なので、相撲を引退して一か月
ぐらいであり正式にRIZINと契約していたかは微妙かも知れません)
と思っているかも知れませんが、契約前だったとしても法に違反すること
をしていた事実はあるので、解雇が撤回されることはありません。

無免許運転自体が言語道断であるだけでなく、速度超過が40キロ以上に
なっていた(時速140キロ以上で運転)という報道もあるので、ほんの
出来心というレベルではない違反をしているようなので、口先だけの反省
では済まないことを本人は自覚してもらいたいものです。

相撲から引退勧告を受け、総合格闘技を解雇された後、次はプロレス界に
デビューというほど世の中は甘くありませんし、堕ちたイメージを払拭し
リング上で声援を受けようと思うなら、少なくとも数年は海外のリングで
修行するなどして、身に付いた見えない汚れを落とさなければ無理です。

故郷の家族を喜ばせたいなら、日本で車に乗ることは一切考えないで日々
自分の足で歩き、走って基礎体力を維持向上させる運動と誘惑に勝てない
心を鍛える訓練をして、人々に認めてもらうようにして欲しいものですが
最大の難点はトラブルメーカーのご本人がどこまで自分の問題点を自覚し
それを修正しようとしているのか?という一点だと思います。


nice!(68)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 68

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved