So-net無料ブログ作成

心臓発作のリスクが高いのは女性 [病気・怪我]

従来、飲酒や喫煙の摂取量が高く生活習慣病のリスクが高いのは男性だと
いう説が当然視されていましたが、アメリカの医師たちによる研究の結果
女性は妊娠中の合併症や避妊ピルの使用、ホルモン補充療法、偏頭痛など
特有の要因がある上、最近は喫煙者の割合が男性と同率、または女性の方
が喫煙率が高いという調査結果もあるため、高血圧や糖尿病などもあって
女性の方が心臓発作で死亡する危険性は高いと警告されました。

heart-attack-in-lady.jpg

特に子癇前症や妊娠中の高血圧症の病歴がある女性については、心臓発作
のリスクが倍増するため、かかりつけの医師や産婦人科医に対して厳格な
検査をするよう勧告し、妊娠可能年齢にある女性については、避妊ピルを
処方する前には高血圧の検査を行い、喫煙も控えるよう助言すべきだとし
女性は心臓発作になりにくいという説は正確ではなかったようです。


子癇前症とは妊娠中毒症の中でも重度のもので尿たんぱくを伴う高血圧症
のことで、早産の原因になったり、特に酷い場合には脳出血を起こしたり
心臓発作を起こして生死に関わることがあります。

さらに年齢を重ねた女性の場合は心房細動(不整脈の一種で心臓の拍動が
痙攣を起こしたような動きになる)の検査を定期的に行なうことが必要で
75歳以上の女性で心房細動がある場合、心臓発作のリスクはない場合の
5倍になるようですから、時々、胸が痛くなるとか、息苦しく感じるなど
胸に不安がある場合は、予備群になっていないか検査をした方が安心だと
言えると思います。

drunk_woman_alcohol.jpg

現在、アメリカでは毎年約80万人が心臓発作を起こし、その半数以上が
女性で、心臓発作を起こしたことが直接的な死亡原因になっている死亡者
の6割が女性だという調査結果が出ていますので、特に生活習慣病を指摘
され、飲酒量・喫煙量の多い女性は心臓病に注意しましょう。


nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved