So-net無料ブログ作成

夏への扉 [音楽]

毎年、梅雨明けの近付く今頃の時期は雨の在庫一掃セールか?という感じ
の集中豪雨が特定の地域で降り注いで、自然災害が発生しています。

ただ、私が20代の頃は豪雨が続くとか範囲が広がり続けるようなことは
なかったのですが、地球温暖化が喧伝され始めた頃から、海水温の上昇に
よって水蒸気の発生が増えて雨雲がより厚く広範囲に広がるようになった
という感じは実感するようになりました。



雨の量が違いますし、東南アジアで遭遇するようなスコールのように大粒
の雨がなにもかも洗い流すかのような勢いで降ったり、竜巻警報が出たり
ダウンバーストが発生したりして30年前とは様変わりしています。


雨の激しい地域の方々は避難勧告が出る前であっても、生命を守ることを
第一に早めの避難を心がけてください。

さて、深刻な話は報道にお任せするとして、若い頃は夏が近付いてくると
梅雨明け後のドライブを想定して夏用のカセットテープ作り(好きな曲を
まとめてダビング)が重要な年中行事でした。







高中正義とか、渡辺貞夫などのフュージョン系とか山下達郎の曲が主体に
なっていて、完全に自分の趣味だったので女子を乗せてもあまりウケない
という選曲でしたが、今でも夏が近付いてくると頭の中で鳴り響くように
なっているのは単純に新しい記憶の上書き機能が低下しているということ
なのかも知れませんね。





20代の後半になってくると杉山清貴とかZARDなどがメインになって
やっぱりそれらの曲も夏が近付いてくると自然に鼻歌になったりします。

そして2000年代の曲は何も出てこないというのがまた不思議だったり
しますが、記憶力の低下は30代後半からということなのでしょう。
大きな被害がなく大雨の時期が過ぎて、早く夏になることを祈ります。


nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 37

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved