So-net無料ブログ作成

スカーレット・ヨハンソンの恥ずかしい話 [海外の著名人]

「ゴースト・イン・ザ・シェル」に主演し、ほぼ全裸のような映像を披露
しているスカーレット・ヨハンソンがプライベートで恋人以外には誰にも
見せない部分を見せてしまった恥ずかしい話が伝えられています。



飛行機に搭乗していて機内のトイレに入った際、ドアのロックをし忘れて
トイレの中でトイレットペーパーを取ろうとして後ろを向いた時に男性が
ドアを開けたために股間の秘密の部分が全開になっていたという話です。


airplane_toilet.JPG

「ドアを閉めなさいよ」と叫んで悲鳴を上げたため、トイレから出て自分
の席に戻るまで乗客全員の視線を浴びたということで、飛行機のトイレは
ドアを閉めた後、ロックをしないと照明が点かない設計になっているはず
なので、そんなことは作り話なんじゃないの?なんて思う人もいるのかも
知れませんが、私自身が飛行機のトイレの前で同じような場面に遭遇して
固まったことがあるので、意外に多いのかも知れません。

girl-toilet.jpg

私の時もドアのロックはされていませんでしたから、なにも警戒すること
もなくトイレのドアを開けました。

目の前に便座に座る女性がいて、便座に座っていますから、当然下半身は
オープンな状態で、目の前の女性は顔の前で手のひらをクロスして、顔が
見えないようにしていましたが、下半身を隠すような素振りは一切なくて
そのような状態に遭遇した私は手の隙間から照れ笑いをする女性の顔だけ
を黙って見ているだけでした。

突然に予期せぬ光景に出会うと人は思考停止になるようで、たぶん時間的
にはとても短かったと思いますが、黙ってドアを閉めました。

こういう時に人間の記憶は強制的に忘れようとするのか、ドアを開けたら
女性が股間をオープンにして座っていた記憶はありますが、股間の状態が
どういう感じだったのかということは全く記憶になく、手のひらの間から
見えた照れ笑いだけは今でも記憶に残っています。

呆然とドアを閉めた様子をCAが気付いて、中にどなたか見えましたか?
と聞かれたので、女の人がいましたと答えたら、ノックしてドアを開いて
ロックの仕方を説明していたようでしたが、私は他のCAに後方のトイレ
まで案内されて、申し訳ありませんでしたと謝られて、こちらのトイレを
お使いくださいと言われ、トイレから出たらお手拭きまで用意して待って
いたので、何か妙に恥ずかしかったです。

スカーレット・ヨハンソンの股間を見たとしても多分、そういう衝撃的な
場面に出くわすと一瞬で忘れてしまうので、秘密の部分の色形などは全て
忘却の彼方だと思われますので心配することはないと思います。

その時に見た女性は外国の女性でしたが、かなり以前の話ですし日本航空
でしたからね、スカーレット・ヨハンソンではなかったのは確かです。


nice!(62)  コメント(2) 
共通テーマ:芸能

nice! 62

コメント 2

沖田 翼

初めまして。
この度はbit日記への訪問&niceを頂きありがとうございました。
また、機会がありましたらよろしくお願いいたします_(._.)_

by 沖田 翼 (2018-05-08 21:08) 

suzuran

沖田 翼さん:
コメントありがとうございます。
by suzuran (2018-05-09 22:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved