So-net無料ブログ作成

ロシアの女性は美しい…でもね [雑談]

平昌オリンピックの女子フィギュアスケートで優勝したのは、個人資格で
出場したロシアのアリーナ・ザキトワ選手、そして準優勝は同じくロシア
から出場したエフゲニア・メドベージェワ選手でした。

Zagitova.jpg

ザキトワ選手は実年齢以上に大人びた容姿で少女の可憐とか可愛いという
見方を超えて、女性としての美しさが演技に彩を添えてSPでは世界歴代
最高の得点を獲得しているように、20代までのロシアの女性は世界でも
最高レベルのきれいな女性が多いと評判が高く、実際に私個人の目線でも
本当にきれいな人だなと感じる人が多いです。


Russia_lady-4.jpg

どういうわけか、自分の国の男性が世界で一番素敵な容姿だと言われても
多分、どこの国の人も誇らしいとは思わないと思いますが、自国の女性が
美しいとか素敵だと褒められた時には自分の恋人や娘を褒められたように
喜んでいる人がいるのが男女の性差なのかも知れません。

Russia_lady-1.jpg

女性を美醜で分けるとか、そんな子供みたいなことは考えませんが世の中
の価値観が変わって、女性に対してきれいだと言うと、女性を外見で判断
するのはセクハラなんて指摘されたりすることもあるようですが、女性が
男性アイドルの追っかけとかをしても特に批判されない、なんていう見方
をされるのもまた感性の違いのように思いますし、ブサメンなんて言葉も
あるぐらいなので女性の方が男性の容姿に対して辛辣なのは事実です。

Russia_lady-2.jpg

それが良いとか悪いとかの話ではないのでその点は深入りしないで前へと
話を進めて行きます。

個人的にロシアとかウクライナ、ベラルーシの女性は、確かに素晴らしく
きれいだと感じていますが、それは結婚する年齢層(30歳ぐらいまで)
で終了するみたいなイメージもあるのが実際のところです。

Russia_lady-3.jpg

特にセクハラ的な意味合いはありませんがロシアの女性って出産を終えた
ぐらいから、体重が急激な上昇カーブを描きながら増えはじめ、外見上も
ムクムクと成長が継続する印象がとても強いです。

実際にロシア方面の紀行番組を見ても、娘さんはきれいな人が多いですが
そのお母さんはシベリアヒグマみたいなタイプの人が多くて、人格的には
丸みがあって温かい感じなんですが、20年前のあの素晴らしい美しさは
どこへ行ってしまったのでしょう…なんてことになっちゃいます。

一般論として娘の20年後、30年後の姿を想像したいなら母親を見ろと
言われますが、その原則に則れば、今はきれいなロシアンセーブルですが
20年後にはシベリアヒグマに変身するのが現実のようです。

ただし、ロシアの寒い気候に適応するために一定の年齢だとか生活環境に
なると脂肪がつくようになって防寒体制が発動され、体全体が丸くなる上
体毛も増えるのはロシアで暮らすには一番の自然体だとも言えます。

でも私はクマが好きですし、年齢と共に容姿が劣るのは当たり前のことと
思います、さらに自分自身も若い頃も素敵じゃありませんでしたが、今は
もっと劣化していると思うので他人のことを言えたものではありません。

Russia_lady-5.jpg

外見だけでなく、内面の美しさに気付ける人になることが大切なことだと
いくつになっても思い続けることが必要だと思います。


nice!(43)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 43

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved