So-net無料ブログ作成

ジャンプの高梨沙羅選手が銅メダル [スポーツ]

平昌オリンピックが開幕して、それなりに盛り上がっているみたいですが
元々、スキー、スケートに全く興味のない私には冬季オリンピックはほぼ
見たい競技もないような感じですが、ジャンプ競技だけは生身で空中へと
飛び出して、数十メートルの距離を飛ぶという人間の限界に挑戦するかの
ような競技内容が好きで、男子の葛西選手と共に女子の高梨選手にも注目
していました。

NH-takanashi-180213.jpg

昨年まで世界のトップレベルのアスリートに成長して、ワールドカップを
連勝するなど結果の出ていた高梨選手でしたが、今年は昨年までのような
絶対的な強さが発揮されることなく、ワールドカップでも優勝できないと
いうスランプの中でのオリンピックということで、四年前にロシアのソチ
で行われた大会の雪辱が果たせるかというのが今回のオリンピックの最大
の注目ポイントだったので、ノーマルヒルの決勝で銅メダルという結果を
出すことのできた高梨選手は技術面だけでなく精神面でも大きく成長した
ことを目に見える形で表すことが出来たと思います。




オリンピックのような大きな国際大会のなると必ず、銀や銅は意味がない
金色のメダルを取らなければダメだと興奮する人が登場しますが、本人が
どのような努力をしているかなど全く知るわけでもない全くの他人なのに
生活面にまで口を出して批判しているのを聞くと、この人は本当に自分が
見えていないというか考えの浅い人なんだろうなと思います。

四年前のソチの時は化粧っ気がなかったのに、今ではメイクをしていると
いう批判があるようですが、四年前はまだ高校生ですからね、化粧品会社
がスポンサーに付こうが付かなかろうが、二十歳そこそこの女子ですから
メイクに興味を持つのは当然ですし、真夏と大差のない紫外線を浴びての
雪焼け防止という意味でもメイクは当然でしょう。

スポーツ選手は身なりに構うなみたいな大昔の根性論を恥ずかしげもなく
堂々と展開する時代錯誤の人間は足を引っ張りこそすれ、なんの味方にも
ならないことを理解するべきです。

さらには高梨選手がベンツに乗っているのが生意気とか、年齢不相応とか
意味不明な批判をしている間抜けもいるみたいですが、自分自身の努力に
よって、ワールドカップ等の国際大会で優勝して賞金を稼ぎ、スポンサー
が付いたことによって得た収入によってベンツに乗ろうが、フェラーリに
乗ろうが本人の自由であり、どうしてそれが生意気なのかわからない。

二十歳そこそこの女子は軽自動車に乗れってことでしょうか?日本を代表
するアスリートであるからこそ、もしもの事故に遭っても出来る限り怪我
をしない安全性の高い車に乗って欲しいと考えるのが普通でしょう。

卑屈に批判することしかしないような人はモチベーションを上げるのには
絶対に貢献できないのですから、自分と比較して良い車に乗っているとか
くだらないことで負のオーラをまき散らさないで欲しいものです。

遠く飛ぶこと、飛ぶ時の姿勢(飛形点)ではトップクラスですが着地の際
のテレマークが苦手だった高梨選手がソチオリンピックの4位から3位に
順位を上げたことは、テレマーク姿勢を向上させるための四年間の努力が
実ったということですからね、それを評価されるべきだと思います。

次回までの四年間で、二段階上がる楽しみがあると思います。
意味不明の雑音に耳を貸すことなく、より上へと昇って欲しいです。


nice!(13)  コメント(0) 

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved