So-net無料ブログ作成

チームを信頼してる?アロンソ [モータースポーツ]

F1マクラーレンチームのフェルナンド・アロンソが今年はF1以外にも
ルマン24時間耐久レースにトヨタチームから出走することが発表されて
いましたが、富士スピードウェイで開催される富士6時間レースの日程が
変更になったことで、F1のアメリカGPの日程との重複が避けられたと
いうことで、今年のWEC(FIA世界耐久選手権)の全レースへの出走
が可能になったと書かれているということは、全戦に出走するつもりだと
いうことなのでしょうか。

fernando_alonso_18.jpg

昨年、昨今のF1はレース数が増え過ぎだと苦言を呈して、全部で21戦
もレースをしていたらテストやフリー走行の日程も加えたら全てのレース
で全力を傾けることなど出来なくなるからF1を引退することも検討中だ
なんてことを言っていたにも関わらず、F1の21戦だけでなくWECの
6戦にも参戦するっておかしくないですか?


ホンダエンジンはパワーが無さ過ぎるから、ホンダとの関係を見直さない
限りF1に残る必要性を感じないと言ってマクラーレンが遅いのは全面的
にホンダエンジンのせいだとばかりの発言をしていましたが、メルセデス
やフェラーリのウィングよりもダウンフォース重視にセッティングをして
高速コースに向いていない仕様にしたのは、マクラーレンのエンジニアで
あり、よく壊れたギアボックスもマクラーレン製ですよね。

ルノーに変更したからと言って、マクラーレンが一気にトップグループに
入ることは難しいとルノーのアラン・プロストに言わせて、エンジン変更
をしたことによって勝てるようになるわけではないという言い訳を今季が
始まる前から喧伝しているのもまた卑怯な話で、遅かったのは全部ホンダ
が悪いと言いながら、ルノーになっても自分は悪くないというわけです。

F1で上位に入れない理由はルノーエンジンの問題で、WECで勝てれば
マシンの力を100%引き出すのは私だと言うでしょうし、もし負ければ
私がマシンの能力を引き出すにはマシンのセッティングに問題があったと
言い訳をするでしょうし、F1とWECを両立させるにはマシンの性能が
低すぎたなんて言い訳も出てきそうです。

要するにマクラーレンがメルセデスやレッドブル、フェラーリに完勝する
能力がないことを広く知らしめて自分の価値が下がることを回避している
というようにしか見えないのが実際のところで、マクラーレンに対しての
信頼はほとんどないんじゃないのかな?というのが私の見方です。

ルノーエンジンでもレッドブルがタグホイヤー名義でチューニングすれば
勝てるわけですから全く話にならない非力なエンジンではないはずですが
マクラーレンとの相性というか、他責を批判するのがマクラーレンの去年
の状況でしたから、アロンソが全面的に信頼していることはないでしょう
それが故のWEC全戦への参戦だと思います。



nice!(55)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 55

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved