So-net無料ブログ作成

小室哲哉が引退を表明 [スキャンダル]

往診の看護師との不倫疑惑を報道された音楽家の小室哲哉が、記者会見を
開き不倫関係を否定するとともに引退を表明しました。

tetsuya_komuro_last.jpg

いわゆる世間の良識派を自任する人からは奥さんが重病(歌手として活動
していたKEIKOさんは、くも膜下出血を発症し、その後遺症で現在は
全く音楽に興味をなくし小学生の漢字ドリルをやって喜んでいる状況だと
説明がありましたので、いわゆる幼児退行化現象が出ているようです)で
あり、介護疲れを理由に他の女性を求めたとか、事実関係も把握できない
人に対して罵詈雑言を浴びせていますが、将来の見えない介護のストレス
不安など、実際に我が身に降りかからないと絶対にわからないことを想像
だけで結論立てて批判するという愚行は改めるべきだと思います。


今回の小室哲哉に限らずとも世の中には男と女しかいないわけで感情とか
愛情とか、性的欲求もまた生きるものが持つ本能であり、不倫という単純
な単語だけでは説明できない、理解できない関係など幾つでもあるはずで
週刊文春とか週刊新潮、フライデーなどのプライバシーを暴き立てて部数
を伸ばすようなハゲワシ雑誌こそが問題であると思います。

婚外恋愛、自由恋愛の当人同士がお互いを尊重し、同意のもとで交際して
それぞれの家族に秘密を保持できるなら、いわゆる墓まで持って行く感覚
で双方の寂しい心、寂しい体を慰めあって支えあうことが出来るのならば
家族の崩壊に至る以前の人生の絶望から立ち直るための希望になることも
十分に考えられるわけで、少なくとも価値観の違いとか、ただ単に他人の
不幸は蜜の味みたいな感じで面白おかしく糾弾し、結果として仕事や家を
破綻させる原因を作っているのはきれいごとを並べ立てるゴシップ雑誌や
自称潔癖主義でパートナーどころか他の異性にも全く相手にされない顔は
ともかく心が不細工な他人であることを理解するべきです。

例え不倫関係であろうがそれが表にさえ出なければ、全員が幸せなわけで
わざわざそんな関係を知らない人のところまで出かけて、あなたの奥さん
は不倫していますよと正義感ぶった金の亡者が一番醜いです。



絶頂期ほどではないものの、音楽を創作するなんて仕事は誰にでもできる
わけではありませんから、その仕事から引退を決意させた雑誌やメディア
は自分たちの覗き趣味で多くのファンを失意に陥れたことについて何らか
の見解を出すべきだと思いますので、反論があるというなら是非とも公開
された場所で馬鹿笑いで誤魔化さずに意見を述べて欲しいです。

安倍政権の横暴や福島第一原子力発電所で起きていて日本国民が対峙する
放射性障害など、本気で報道しなければならないことは多々あるはずで、
それを報道しないメディアはジャーナリストを名乗る資格はありません。


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント



モッピー!お金がたまるポイントサイト


Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved