So-net無料ブログ作成

まだ続くの?桂文枝の愛人騒動 [スキャンダル]

なんだか一方的な形で愛人を名乗る紫艶という演歌歌手が何がしたいのか
よくわからないまま、桂文枝氏師匠に対する嫌がらせを続けていますね。

元々はベッキーとゲスの不倫とか、今は既に辞職した自民党の衆議院議員
の不倫とか、どうでも良いような話題が出ていた時に、わざわざ20年も
前の話を持ち出して注目を集めようとしたのか?と思ったのが元演歌歌手
紫艶(この名前は「しえん」と読むんですかね、実はそれさえも詳しくは
知らないんですよね。)の暴露記事でした。

是非とも人間国宝になって欲しいとか言っている割には、自分自身が全裸
になってグラビアモデル(モデルになるなら、いくらなんでも体型を絞る
のがプロだろうという意見あり)になってみたり、文枝師匠の裸の画像を
週刊誌に提供したりと、やっていることは今年の流行語みたいなんですが
ゲスの極みみたいな感じです。


そもそも愛していると言ってほしいとか、今でも愛していますとか本気で
思うんだったら愛している人が困るようなことはしないのが当たり前の話
であって、芸能界を引退するとか言いながら相変わらず粘着質な嫌がらせ
みたいなことを続けている実態があります。

というか、そもそも紫艶なんて名前の演歌歌手は多分、一般人の99%が
知らなかったと思うので、引退以前に開店休業中だったと思うわけですが
文枝師匠の言うように12年以上も前の話をネタに、ゆすりたかりをして
一稼ぎなんて魂胆があるとしたら、とんでもない悪女だなと思います。

ちなみに、紫艶は自分自身のフェイスブックに文枝師匠の全裸写真を公開
したようですが、これってリベンジポルノ防止法違反ですよね。

リベンジポルノ防止法では、女性の権利だけが保護されているというわけ
ではありませんから、文枝師匠から訴えがあれば当然、逮捕起訴になると
いうわけで、なんの目的があるのかは知りませんが、紫艶の自爆でお終い
ということになりそうな感じです。

お金が欲しいのか、何がしたいのかが本当に分かりませんが、少なくとも
愛しているのなら男が女にとか、女が男にということに関係なく大切な人
を困らせてやろうなんてことは思わないですよ。

bunshi160323.jpg

と言いながらも、女性にここまでのことをさせるということは文枝師匠も
真実を語っているとは思えませんからね、別れ際がきれいではなかったと
いうことなのだと思います。

金の切れ目が縁の切れ目なのか、いつか嫁さんと別れて結婚しようと嘘を
ついたのか詳しくは分かりませんが、最後まで大切にできないのなら例え
愛人関係であろうが人を愛する資格はないと思います。

みんなの不倫~お値段は4493万円!?~ (宝島SUGOI文庫)みんなの不倫~お値段は4493万円!?~ (宝島SUGOI文庫)
露木 幸彦

イマドキの不倫事情と離婚 (祥伝社黄金文庫) 不倫のリーガル・レッスン (新潮新書) 不倫の恋で苦しむ男たち (新潮文庫) はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社新書) なぜ男は妻よりも美しくない女性と浮気をするのか? (宝島社新書)

by G-Tools



nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved