So-net無料ブログ作成

キックの鬼・沢村忠 [スポーツ]

私が小学生の頃はスポ根アニメの全盛期で、小学校の運動会の行進曲には
「巨人の星」の主題歌が流れ、テレビを点ければ「アタックNo.1」や
「タイガーマスク」「あしたのジョー」などが、ほぼ毎日放映されていて
さらに、実写ドラマでも「柔道一直線」「おれは男だ」「飛び出せ青春」
などスポ根&青春ドラマが多かった時代でした。

kick-no-oni.jpg


沢村忠本人が主題歌を歌っています。

そんな時代に一斉を風靡したのが「キックの鬼」というアニメと実在する
キックボクサーの沢村忠選手でした。


何十年も経った今になって八百長だったとか、リアルタイムで見ていない
人の一部が悪い風評を流していますが、月曜日の夜7時半から放映された
番組を見ていた立場からすると、1Rのスタートと同時に対角線上の相手
選手に対して真空飛び膝蹴り一発で仕留める姿は強かったです。



現代の格闘技は系統が細分化し過ぎてマニアックになっていますが、逆に
何も考えずに目の前で起きたことを受け入れる度量の大きさをそれぞれの
人が持つようになった方が平和ではないかなとは思います。

いろいろな批判があるのは事実ですが、日本プロスポーツ大賞を受賞した
ということも事実ですし、あの殴る蹴るの過酷な格闘系スポーツの試合で
232勝したというのも記録として残っているのですから、批判するだけ
という意見には同調できません。

リアルタイムで見ていて、どうしても一つ気に入らなかったのは、僧侶の
寺内大吉が解説者として話をしていましたが、的外れな説明ばかりで全く
解説者として役に立っていなかった点です。

この坊主は競輪中継の解説もしていましたが、これもまた中途半端な感じ
で、僧侶としても作家としても解説者としても使えないご仁だったように
記憶していますが、当時のよく分からないことの一つです。

格闘技の科学 力学と解剖学で技を分析! (サイエンス・アイ新書)格闘技の科学 力学と解剖学で技を分析! (サイエンス・アイ新書)
吉福 康郎

武術の科学  ルールに縛られない戦闘術の秘密 (サイエンス・アイ新書) 武術「奥義」の科学―最強の身体技法 (ブルーバックス) 格闘技「奥義」の科学―わざの真髄 (ブルーバックス) 強くなる近道 力学でひもとく格闘技 格闘ボディバイブル―闘う男の最強ボディメイキングBOOK (B・B MOOK 1118)

by G-Tools





nice!(24)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 24

コメント 2

いっぷく

何をもって八百長かという点が曖昧なままやゆされましたよね
プロレスにしても……

by いっぷく (2014-12-02 02:05) 

suzuran

いっぷくさん:
コメントありがとうございます。

昭和のプロレスは脚本があっても、暗黙の了解がありましたが、
K-1などが隆盛を極めた頃から、脚本の存在が否定され、その結果
勝負以外の面白みは減少して長期低迷期に入ったような気がします。

良い意味での大人の余裕があったということかと。

プロレスは技が危険なので、受ける側も了解していないと死傷者が
増え続けると言われているので、真剣勝負は難しいのでは?とも思います。

キックボクシングも八百長というよりは、暗黙のルールがあったのでは?
と思いますが、見ている分には面白かったです。

by suzuran (2014-12-04 08:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved