So-net無料ブログ作成

1973年のヒット曲・1位から5位まで [1970年代]

1962年生まれなので、この年で小学5年生ということになり、かなり
記憶も鮮明になってきます。

1位 女のみち    宮史郎とぴんからトリオ 181.2万
2位 女のねがい   宮史郎とぴんからトリオ 84.0万
3位 学生街の喫茶店 ガロ          76.2万
4位 喝采      ちあきなおみ      62.7万
5位 危険なふたり  沢田研二        61.9万



演歌というか、ムード歌謡というか「ぴんからトリオ」の歌は大ブームと
言っていいほどのヒットをしていました。


この頃には宮史郎と宮五郎+並木ひろしで、「ぴんからトリオ」でしたが
しばらくして、並木ひろしが脱退して「ぴんから兄弟」になり、それから
さらに宮五郎がマネージャーになって宮史郎のソロになりましたが一昨年
病死されたために、現在はぴんからトリオの関係者はいません。

この時の一位から五位までは全ての歌を聴いた記憶がありますが、ガロの
学生街の喫茶店は何か印象が違って聞こえます。
大野真澄さんは今でもザ・リリーズなどと一緒に全国を回っていますね。



子供の頃に聞いた「喝采」はよく意味が分かりませんでしたが、今聞くと
奥深い歌だなということがわかります。





沢田研二は小学生の間でも人気がありましたよね。
タイガースを解散後に、元スパイダース=PYGのメンバーで構成された
井上堯之バンドをバックにコンサートをするようになっています。

この曲は加瀬邦彦作曲ですが、日本レコード大賞などほとんどの音楽賞を
受賞した「勝手にしやがれ」以降の活躍を支えていたのは井上堯之バンド
の大野克夫の曲だったと思っています。

沢田研二 A面コレクション
沢田研二 A面コレクション沢田研二

ユニバーサルJ 2009-03-03
売り上げランキング : 4423

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
沢田研二 in 夜のヒットスタジオ [DVD] ゴールデン☆ベスト ザ・タイガース 快傑ジュリーの冒険 [DVD] いくつかの場面 人間60年 ジュリー祭り



nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved