So-net無料ブログ作成

1971年のヒット曲・1位から3位まで [1970年代]

1971年になると私は9歳で小学4年生ということで、もう少し記憶も
鮮明になってくるわけで、小生意気に大人になったらあんな車に乗りたい
こんな車に乗りたいなんてことを言いだしたころでもあります。

今思えばモデルチェンジの激しい国産車が大人になった頃に存在するかも
わからないわけですが、そこはまあ小学生ということでセリカとかGTO
スカイラインなどが憧れの車でありました。

1位 わたしの城下町 小柳ルミ子 110.3万
2位 知床旅情    加藤登紀子 102.8万
3位 また逢う日まで 尾崎紀世彦 92.8万

この年は小柳ルミ子がデビューした年で格子戸をくぐり抜けと歌い始める
「わたしの城下町」が大ヒットしました。



歌としては完全なる歌謡曲だったわけですが、当時はアイドル的な扱いで
愛読していた小学4年生には、元宝塚だとか心臓手術をしたことがあって
胸に傷があるのが悩みなの…みたいなことが書いてあったような。

「知床旅情」は小学4年生のくせに一人旅に憧れる人(多分、ムーミンの
スナフキンの影響ですね)だったので、旅情を誘われる好きな歌でした。





「また逢う日まで」は歌の上手い人だね、と思ってみていましたが左右の
もみ上げがでっかい毛虫みたいで、毛深い人だねとも思いましたね。
パワフルな感じだったので、隠居みたいに消えてそのまま亡くなるなんて
思いもしませんでしたが、人間はいろいろ難しいですね。

ということで、1971年の1位から3位まででした。

小柳ルミ子 ベストアルバム
小柳ルミ子 ベストアルバム小柳ルミ子

渡辺音楽出版株式会社 2006-12-10
売り上げランキング : 22430

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
GOLDEN☆BEST 天地真理 岩崎宏美 - GOLDEN☆BEST 石川さゆり ベスト 津軽海峡・冬景色 天城越え 能登半島 暖流 火の国へ 命燃やして 春の雪 波止場しぐれ 大阪つばめ 夫婦善哉 ウイスキーが、お好きでしょ 大阪のおんな PBB-33 GOLDEN☆BEST 山口百恵 コンプリート・シングルコレクション 橋幸夫 ザ・ベスト



nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 21

コメント 4

ゆうのすけ

私もやや鮮明になって来る年です。^^
現在に繋がる アイドルの先駆者が登場するのがこの年の初夏と言われていますね。♪~ 私も子供のころは この頃の車が大好きで まだレコードを集めるようになる前は おもちゃ屋に行ってミニカーを買ってもらうのがとっても嬉しかったです。^^

あの頃憧れた車を 運転することはありませんが ギャランGTOやベレGは 今でも憧れる車なんです。☆
九月最後になりましたが 素敵な日曜日になりますように!^^
by ゆうのすけ (2014-09-28 05:32) 

zoo

ややというより非常に鮮明に覚えております。この1971年は楽しかった年です。
by zoo (2014-09-28 18:00) 

suzuran

ゆうのすけさん:
コメントありがとうございます。

小柳ルミ子、南沙織、翌年には天地真理と現在とはちょっと雰囲気の違う
アイドルが毎年新たに誕生し始めたのがこの頃ですね。

ミニカーは30台ぐらい集めました。
セリカとか、GTOに乗っている知り合いがいなくて残念な気持ちでした。
by suzuran (2014-09-29 23:07) 

suzuran

zooさん:
コメントありがとうございます。

zooさんにとって良い年だったんですね。

by suzuran (2014-09-29 23:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0



モッピー!お金がたまるポイントサイト


Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved