So-net無料ブログ作成

みのもんたのラジオ番組が終了決定 [ラジオ]


息子の窃盗未遂や日本テレビへの情実入社疑惑、自らの番組放送中の痴漢
行為など、数々の問題が重なった結果、朝の冠付きのテレビ番組を事実上
解任のような形で降板したのが、みのもんたでした。

もう一つの番組は批判があっても続けていますが、文化放送のラジオ番組
「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」もスポンサーがCMの放送
を自粛したまま続けられていましたが、さすがに自主制作のような形態に
耐えられなくなったのか、3月29日での終了が発表されました。

この番組は、1987年4月から放送が開始されている一つの老舗番組で
問題がなければ打ち切りになることもなかったでしょうが、スポンサーが
CMを放送しないということは、スポンサー料も支払われないということ
ですからね、NHKならともかく民間放送としては異常でしょう。

ところが4月から日曜夕方に再び、みのもんたが話をする新番組を始める
というのは理解できないです。

今度はスポンサーが付くのでしょうか?今までの番組と同じスポンサーが
付くとしたら、そりゃまた信念のない話だなと個人的には思います。

部長、その恋愛はセクハラです!  (集英社新書)部長、その恋愛はセクハラです! (集英社新書)
牟田 和恵

現代思想 2013年11月号 特集=ハラスメント社会 セクハラ・パワハラ・アカハラ・マタハラ… それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書) 家事労働ハラスメント――生きづらさの根にあるもの (岩波新書) 女たちのサバイバル作戦 (文春新書 933) 刑事司法とジェンダー

by G-Tools



nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 20

コメント 2

淳司

何かもう・・・
腐ってますよね・・・(--;)b
by 淳司 (2014-02-19 22:07) 

suzuran

淳司さん:
コメントありがとうございます。

まだスポンサーは決まっていないようで営業中のようですね。
あのセクハラ・パワハラ常習の勘違い妄想業界人をメインに
据えて新番組を作ろうと画策する文化放送もどうかと思います。

晩節を汚さないように素直に引退すればいいのに。
by suzuran (2014-02-20 09:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved