So-net無料ブログ作成

「明日、ママがいない」打ち切りか? [ドラマ]



児童養護施設を舞台にしたドラマ「明日、ママがいない」の中での描写で
子どものことをペットに例えたり、養護施設の職員が暴力をふるうなどの
本来、あってはならない表現が多用され「偏見を生む」と批判されている
とともに「こうのとりのゆりかご」を運営する病院や、全国児童養護施設
協議会や全国里親会からは番組の放映中止が求められています。

ドラマを放映している日本テレビ側は「倫理問題を含め、総合的な観点で
放送前に社内で議論した。最後まで放送を見てほしい」と放映を継続する
意向を表明してはいますが、視聴率が初回よりも低下したことが発表され
スポンサーもエバラ食品工業、JX日鉱日石エネルギー、キューピーなど
3社がCMの放映を見合わせて、その他の5社でもCMは放映したものの
番組スタート時のテロップを出さなかったということで、現在の流れでは
スポンサーが降板し、ドラマの制作費も全て日本テレビが自社で出資する
ということになりそうで、事実上、放送を止めるしかなさそうです。

ドラマの中では、過去に赤ちゃんポストに預けられた女の子を「ポスト」
と表現する設定があるなど、現実と混同しかねない設定もあり、制作側が
どんな使命感を持っているかは分かりませんが、わざわざテレビドラマに
して放映しなければならない社会的使命も感じません。

「数日内に、ドラマがない」という結果になりそうです。

揺れるいのち―赤ちゃんポストからのメッセージ揺れるいのち―赤ちゃんポストからのメッセージ
熊本日日新聞「こうのとりのゆりかご」取材班

こうのとりのゆりかご検証会議・最終報告「こうのとりのゆりかご」が問いかけるもの―いのちのあり方と子どもの権利― 赤ちゃんポストと緊急下の女性: 未完の母子救済プロジェクト (〈1〉) 養子縁組あっせん―立法試案の解説と資料 その子を、ください。 産めないから、もらっちゃった!

by G-Tools



nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0






Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved