So-net無料ブログ作成

犬にライオンの代役をさせた動物園 [雑談]


中国・河南省にある動物園で「アフリカライオン」という名前のプレート
を付けて飼育されていた動物が、実際にはライオンではなく見方次第では
ライオンに見えなくもない、大型犬のチベタン・マスティフだったとして
謝罪の上、閉園するという発表がありました。

中国の中でも田舎だからか当初は問題にならなかったようですが、吠え声
ではなく鳴き声が犬のそれだったことでバレたようです。

この動物園では、ライオン以外にも三種類の動物がプレートとは異なった
動物だったということで、偽装大国と揶揄されるだけのことはあります。

動物園のある人民公園側は、動物園の経営は15年前から民間業者に委託
していると説明しているようですが、適切に業務委託をしていたのならば
どんな動物を展示しているか、ぐらいは管理しているはずですから丸投げ
していたか、黙認していたかのどちらかであって、無関係では済まない話
だと思いますが、中国ではそれで済んでしまうかも知れませんね。

中国の危ない食品―中国食品安全現状調査中国の危ない食品―中国食品安全現状調査
周勍 廖建龍

中国食品工場の秘密 (小学館文庫) 食品のカラクリ 知らずに食べるな中国産 (宝島SUGOI文庫 A へ 1-72) 「猛毒大国」中国を行く (新潮新書) 中国食品動乱―食の中国依存にどう対処すべきか 中国食材調査

by G-Tools



nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0



モッピー!お金がたまるポイントサイト


Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved